住宅・不動産会社が取り組む「売買仲介」×「建売分譲住宅」の始め方

住宅・不動産会社が取り組む「売買仲介」×「建売分譲住宅」の始め方

不動産売買仲介事業×建売付加により1店舗年間粗利2億円達成

導入事例数

10社以上

概要

不動産の「売買仲介会社」や「注文住宅会社」がリスクを極力少なく、売買仲介×建売分譲事業を行うソリューションです。

売買仲介事業で仲介事業を軸に集客数と契約数を最大化し、大手ビルダーと競合しても売れる「建物商品」、リスクと回転率を意識した、「小区画分譲」で、建売を販売し、生産性高く年間24~36棟の建売販売、年間粗利2~2.5億円を達成するビジネスモデルです。

業界内の脅威

大手ビルダーの新築仲介への売上依存
物件価格の下落による仲介単価の減少

伸びるマーケット

分譲比率直近5年で5%増

成功のポイント

①大手ビルダーに売り負けしない建物商品

②新人でもできる1人40区画の仕入

③完成前販売50%を目指す高回転の販売

④売買仲介を絡めてエリア内での年間300件以上の圧倒的集客

⑤売買仲介を絡めて年間960件以上の名簿獲得術

期待できる数値効果

商圏人口
20万人~
初期投資
1,000万円(仕入れ除く)
初年度年間18区画仕入
初年度人員
仕入1名、営業3~4名(専任)
設計・工務1名(兼任化)
3年目人員
仕入1名、営業4~5名


1拠点収支

初年度
売上3.5億円/12棟
営業利益2,800万円
2年目
売上7億/24棟
営業利益5,600万円
3年目
売上10億/36棟
営業利益8,000万円

関連する専門サイト




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様の声
TOPページへ戻る