経営ビジョン策定/理念浸透支援

経営ビジョン策定コンサルティング 経営戦略・経営全般コンサルティング

経営ビジョン策定/理念浸透のご支援概要

  • 日本国内の経営環境は、人口減少・少子高齢化など社会構造の変化、産業全体のDX化の加速、SDGsによるサステナビリティ経営への転換など、日々変化しております。
    ※サステナビリティ経営とは社会・経済・環境の持続可能性を配慮した経営を行うこと
  • また、このような外的変化だけではなく、企業内部でも社長交代、企業成長による急速な社員数の増加、経営環境悪化に伴う退職者の増加、M&Aによる他社のグループ化なども、経営環境に変化を及ぼします。
  • 経営ビジョンや価値観等が整理されていないままに、このような著しい経営環境の変化が起こってしまうと、組織内での対立や従業員のモチベーションの低下などを招きやすくなり、しいては業績悪化を招くことになります。
  • 船井総研では変化の著しい経営環境においても持続的な成長ができるよう、時流をとらえながら経営ビジョン策定のご支援を行っております。

よくあるご相談内容

  • 以下のようなご相談を多く頂戴しております。船井総研では様々なご要望に対し柔軟に対応させていただいております。
  • 成長が鈍化し、停滞感を感じている
  • 社員の主体性を発揮する組織づくりに難しさを感じている
  • 経営者交代に伴い、会社の方向性をリニューアルしたい
  • 組織が大きくなり、組織や社員の一体感が今イチな感じがする
  • 社員のエンゲージメントを向上させていい会社づくりをしたい
  • 視座の高い経営幹部をどんどん育成・輩出したい
  • 自社の持続成長のために理念・ビジョンの浸透が必要だと感じている
  • 優秀な人材も振り向くビジョンを策定したい

経営ビジョン策定/理念浸透で押さえるポイント

  • 船井総研では創業精神を大事にしながら、バックキャスティング発想を取り入れ、パーパスなどの上位概念から経営戦略に至るまで一貫性をもって策定します。

経営ビジョン策定/理念浸透の流れ

  • 標準的には以下の流れで策定します。

アウトプットイメージ

  • 以下のようなアウトプットをさせていただきます(一部抜粋)
経営ビジョン
(PMVV)
ビジョン実現のための
事業戦略
ビジョン実現のための
人財戦略

船井総研の特長

  • 船井総研の経営ビジョン策定支援では以下のような点を大事にしております。
一貫性を重視
抽象度が高くなりがちなパーパス(理念)から経営戦略に至るまで一貫性を持って策定します。単なる標語ではなく、具体的な行動と成果につながる経営ビジョンを策定します。
豊富な現場浸透策を保有
「現場に伝わらない、腹落ちしない」ビジョンを策定しても意味がありません。
船井総研では上記の一貫性を重視するとともに、現場浸透施策(インナーブランディング)を豊富に有しております。
ビジョン策定×業種の専門性
ビジョン策定(PMVV策定)の専門コンサルタントと、業種・業界の深い知見を有する専門コンサルタントチームで、ツボを押さえたビジョン策定を行います。
柔軟な対応
各企業の状況により、ビジョン策定にかけられる期間は異なります。船井総研では状況に応じた適切な業務設計を行うことで、柔軟に納期対応させていただきます
伴走型支援
外部のコンサルという位置づけではなく、「まるで経営メンバーのように」、プロジェクトの成果を一番に考え、プロジェクトの推進責任者として参画させていただきます

ご支援実績(一例)

  • 船井総研では業種・業態・規模問わず、ビジョン策定の実績がございます。
- 売上100億 アパレル卸売企業 -
  • 業界が成熟化している上、ビジネスモデル的に収益性が低い
  • 次の10年先の明るいビジョンをつくり、いまいる社員のエンゲージメントを上げたい
  • Way(PMVV)の再構築
  • ビジョンに基づいた高収益新規事業の立ち上げ
- 売上40億 EC事業 -
  • 体制が整ったいま、第2創業期として、次の成長のシナリオが必要
  • いままで作っていた理念・ミッションがバラバラで社員に伝わっていない
  • Way(PMVV)の再構築
  • ビジョンの具体化および戦略シナリオの解像度アップ
- 売上120億 地域一番店住宅・不動産 -
  • さらなる成長を続けるため、グループ全体でギアを上げた次なるビジョンが必要。創業者が大切にした思いを基に、グループ共通の目的(パーパス)が必要
  • 時代に合わせて理念・ミッションをバージョンアップ
  • 2030年に向けたビジョンを策定し、既存・新規事業の成長シナリオを精度アップ
- 売上40億 不動産企業 -
  • これから次の世代が活躍できるような事業展開が必要
  • 経営者の思いを形にした理念の浸透が必要
  • 次世代メンバーを中心にした理念・ミッションの再構築
  • 不動産新規事業の立ち上げと計画づくり
- 売上30億 住宅企業 -
  • 創業者が30年間作り上げた住宅事業を次の代に任せるための体制が必要
  • 次の代に任せられるような10年間のビジョン及び事業戦略の構築
  • HDを生かした事業ポートフォリオの再構築
- 売上30億 リフォーム中核企業 -
  • リフォーム他店舗展開で事業を拡大
  • これから先も成長し続けるための新規事業が必要
  • 住宅を軸においたビジョンストーリーの構築
  • HD化を軸にしたパーパスづくり
- 売上150億 中古・新車ディーラー -
  • 先行き不透明・成熟化している自動車業界におり、次の10年も成長し続けられるビジョンが必要
  • M&Aを生かした企業の成長シナリオが必要
  • HD化しグループのWay(PMVV)づくり
  • M&Aを生かした新規事業の選定・立ち上げ・推進
- 売上100億 地域一番店ディーラー -
  • 5年先までは成長シナリオが見えているが、事業承継を控えているいま、次の代に明るい姿でバトンタッチしたい
  • 創業者+次世代幹部で10年先のビジョンづくり
  • 自動車業界以外の新規事業の選定・立ち上げ
- 売上80億 地域一番店ディーラー -
  • モビリティを中心に事業を展開し、異業種新規事業にチャレンジしてきた
  • 次の代に任せられるよう、次の10年の絵を描きたい
  • この先10年間のビジョンと事業展開の絵
- 売上30億 食品メーカー -
  • 持続的な成長のため上場を目指しており、上場前・後のビジョンの整理が必要
  • しかし、視座の高い社員が少なく、育成が課題
  • IPO実現のためのビジョンの解像度アップ
  • Way(PMVV)の再整理時に、視座を高めるため次世代幹部を巻き込み

資料ダウンロード

  • 本ページの内容は以下からダウンロードできます。
【資料目次】
①経営ビジョン策定/理念浸透のご支援概要
②よくある相談内容
③経営ビジョン策定/理念浸透で押さえるポイント
④経営ビジョン策定/理念浸透の流れ
⑤アウトプットイメージ
⑥船井総研の特長
⑦ご支援実績(一例)
⑧ご相談の流れ

ご相談の流れ

  • 以下の流れにて、まずはお気軽にお問い合わせください。
  • 貴社からのお問合せ

  • コンサルタントからご連絡
    ※目安1~3営業日以内

  • 無料経営相談
    ※45分~1時間程度




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
TOPページへ戻る