エンディング

船井総研のエンディンググループでは、現在、全国130社以上葬儀社、仏壇店、墓石店のコンサルティングを行っております。 経営支援からマーケテイング支援、またM&Aのサポートまで幅広いサポートが可能です。 定期勉強会としては、家族葬における業績アップを目的とした「プレミアムコンパクト葬経営研究会」、日本唯一の樹木葬経営に関しての勉強会「樹木葬経営研究会」、葬儀社のデジタルシフトを推進していく「コンタクトセンターアカデミー」がある。

関連するセミナー

一覧を見る

業種別研究会

葬祭業コンタクトセンターアカデミー《無料お試し参加受付中》

年間施行件数300件以上の葬儀社を対象とした「コンタクトセンター立ち上げと成功事例情報交換」を行うことを目的とした勉強会です。 まずはじめのアフターコール部隊の立ち上げではアフターの収益化と施行担当者の生産性(月あたりの担当件数)向上を図ります。その後コール部隊をベースに、コンタクトセンターをスタートします。コンタクトセンターは受発注システムを始め、顧客管理システム、CTIなどの導入および連動により顧客への個別対応ならびにCRM活動を可能にします。それにより自社の顧客基盤を強固にしていきます。

エンディング

樹木葬経営研究会《無料お試し参加受付中》

仏壇・墓石の市場規模が年々低下する中で、新しい供養の形として成長マーケットにある樹木葬。投資額200万円で投資回収1カ月。さらに、生前のお客様との契約ができる点、キャッシュフローを潤沢にする点でも既存事業との相乗効果を生むことのできるビジネスです。その樹木葬を運営している企業との成功事例共有、モデル店視察などを行い、より成功確率を高めていくビジネスモデル研究会。すでに樹木葬を始めている会社、これから始めようと考えている会社が全国から集まります。

エンディング

プレミアムコンパクト葬経営研究会《無料お試し参加受付中》

葬儀の小型化はもはや避けられない潮流といえます。そのような市場においても、勝ち残ることのできる高収益型ビジネスモデル『プレミアムコンパクト葬モデル(ハイイメージ型の小型葬儀専門式場業態)』の展開と早期の施行100件達成のための経営研究会です。年商6,000万円~20億円の会員によるマーケティング、オペレーション、組織、会館設計などの情報交換会、モデル式場の視察を通してすべて事例で学ぶことができます。

エンディング
一覧を見る