クラウド会計導入支援

クラウド会計コンサルティング 財務コンサルティング

クラウド会計導入のご支援概要

  • 2022年の電子帳簿保存法の改正、2023年のインボイス制度の導入などにより、効率的なデジタル経理と非効率なアナログ経理の企業の格差はますます広がっていきます。
  • 効率的なデジタル経理を作るためにはクラウド会計の導入が有効です。
  • 船井総研では、初期設定やデータ移行から、業種や企業規模に応じた最適な経理業務フローの設計、ご担当者がスムーズに業務が開始できる操作トレーニングまでサポートさせて頂きます。

よくあるご相談内容

  • 以下のようなご相談を多く頂戴しております。船井総研では様々なご要望に対し柔軟に対応させていただいております。
  • 月次決算を早期化したい
  • 紙での請求書や領収書が多く、入力作業が大変
  • 現金出納帳や売掛台帳など、帳票を手書きで作成している
  • 部門別の損益を出したいが、そこまで手が回らない
  • 顧客管理、レジ、給与計算、請求など各システムがバラバラになっていて会計と連携しておらず二重入力が発生している
  • 拠点が増えると経理の人員を増やす必要がありコストがかかる
  • 経理業務が属人化していて、業務の分担や引継ぎができない

クラウド会計導入で押さえるポイント

  • 船井総研では、①ゴール(経営インパクト)から逆算した導入設計、②最新の法改正を押さえた導入設計を行い、クラウド会計の導入インパクトを最大化します。
1 ゴール(目的)から逆算した
導入設計

クラウド会計導入のインパクトを最大化させるためには、「導入により何を実現したいか?」から逆算した経理業務設計を行い、導入することが重要


2 2022年1月電子帳簿保存法の改正・
2023年10月インボイス制度の導入への対応

2022年1月の電子帳簿保存法の改正、2023年10月のインボイス制度が導入される。紙中心のアナログ経理からデータ中心の経理スタイルへシフト、クラウドによる法制度への即時対応を行なえるようにすることが重要

クラウド会計導入支援の流れ

  • 標準的には以下の流れで策定します。ご状況に応じて柔軟に進め方を提案させていだきます。

アウトプットイメージ

  • ご支援では主に以下のものを作成・提出させていただきます。
業務フロー図

操作マニュアル

レポート
アウトプット

船井総研の特長

  • 船井総研のクラウド会計導入サポートでは以下のような点を大事にしております。
専門性
各業種・業界の深い知見を有する専門コンサルタントチームが、各業種・業界のツボを押さえた実効性の高い提案を行っていきます。
合意形成
経営層や経理担当者、顧問税理士の腹落ちを重視した業務フローを設計し、経理業務の変革に現場がスムーズに参画できるようにサポートを行います。
業務負担の軽減
経営者や経理担当者は通常業務で手一杯でクラウド会計の導入に業務時間を割くことが難しいという方のために、船井総研が導入業務を代行し、導入企業の業務負担を極力抑えてサポートいたします。
伴走型支援
外部のコンサルという位置づけではなく、「まるで経営メンバーのように」、プロジェクトの成果を一番に考え、プロジェクトの推進責任者として参画させていただきます。

ご支援実績(一例)

  • 船井総研では業種・業態・規模問わず、様々なクラウド会計導入サポートの実績がございます。
- 年商30億円の軽自動車中心ディーラー -
  • 規模拡大により経理業務が煩雑化
  • HD化により経営管理の仕組み化が必要に
  • 経理が効率化されて経理1人で回る体制になった
  • グループ全体の経営管理ができるようになった
- 年商3億円の葬儀社 -
  • kintone導入により業務効率化は進んでいるが経理は非効率なままになっている
  • freee会計を導入してkintoneと連携し、二重入力を解消
- 年商5億円の中古車ディーラー -
  • 月次決算が遅く、試算表の数字の精度も低い
  • 今後の成長に向けて今のうちに経理業務を効率化しておきたい
  • 月次決算が早期化し、翌月5日に試算表が完成するようになった
- 年商15億円の運送会社 -
  • 規模拡大により社長の業務が忙しくなるも、記帳業務を経理担当者へ引継ぎできずに社長が記帳を行っている
  • 業務フローを整理し、事務や経理に記帳業務を分業化し引継ぎが完了
- 年商10億円の製造業 -
  • M&Aで買収した企業の経理機能が整っておらず経営状況が把握できない
  • クラウド会計導入によりグループの経理業務が統一化。経営状況の把握ができるようになった
- 年商10億円の葬儀社 -
  • 税理士へ記帳代行をしていたが、月次決算に1ヶ月以上かかっており経営判断に活かせない
  • 月次決算が早期化し、翌月10日業績が把握できるようになった

資料ダウンロード

  • 本ページの内容は以下からダウンロードできます。
【資料目次】
①クラウド会計導入のご支援概要
②よくある相談内容
③クラウド会計導入で押さえるポイント
④クラウド会計導入支援の流れ
⑤アウトプットイメージ
⑥船井総研の特長
⑦ご支援実績(一例)
⑧ご相談の流れ

ご相談の流れ

  • 以下の流れにて、まずはお気軽にお問い合わせください。
  • 貴社からのお問合せ

  • コンサルタントからご連絡
    ※目安1~3営業日以内

  • 無料経営相談
    ※45分~1時間程度




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
TOPページへ戻る