船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」~整形外科版~

整形外科クリニックの発展に欠かせないのは、
①「多くの患者さんに来て頂くための集患能力」
②「運動器リハビリの導入および質・量の強化」
③「患者さんが満足できる診療システムの構築」
④「今後の診療報酬改定に対応できる介護保険・自費サービスの導入」
です。

整形外科クリニックを経営される皆さまのニーズにお応えし、集患・運動器リハビリ強化・診療効率化・介護保険対応などバラエティに富んだテーマで、皆さまに役立つ情報をメルマガでお届けいたします。


【こんな方におススメ!】
・患者数を増やしたい!
・運動器リハビリの立ち上げたい!
・患者さんの待ち時間を減らしたい!
・良い人材を採用したい!
・運動器リハビリの質を上げたい!
・介護分野に参入したい!

このメルマガの配信を希望
バックナンバー
専門サイト

メールマガジンの例

こんにちは。
船井総合研究所の先森仁です。

現在、コロナウイルスへの対応を迫られている医院さまも多いと思いますが、
いよいよ、来月より2020年度の診療報酬改定が施行されます。

整形外科で関連する項目に関しては、以前メルマガで配信いたしました
「2020年診療報酬改定に伴い、整形外科で対応が必要なこととは?」
(https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/fairing/mail_magazine/2020%E5%B9%B4%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A%E3%81%AB%E4%BC%B4%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%AF/)では、
取り扱い・運用方法について不明瞭な点が多かった計画書に対して、
「リハビリテーション実施計画書の作成は、疾患別リハビリテーションの算定開始後、
原則として7日以内、遅くとも14日以内に行う」ことが明文化されたことをお伝えいたしました。

計画書の役割について改めて確認となりますが、端的に申し上げますと・・・


コラムの続きはこちら▼
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/fairing/mail_magazine/%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e6%95%b4%e5%bd%a2%e5%a4%96%e7%a7%91%e3%81%ab%e6%b1%82%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8/


★勉強会無料お試し参加受付中★
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

【勉強会】株式会社船井総合研究所 クリニック経営研究会

▼下記URLよりお申し込みください!
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/fairing/study/100643/


【経営相談】 コンサルタントにメールでご質問・ご相談ください
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

各コンサルタントへ、
経営のご相談、業績アップのお悩みがあれば遠慮なくご相談下さい。

通常、10~30万円するコンサルティングを
<<1時間無料>>で行います。(但し、初めての方に限ります)

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/inquiry-form.html

このメルマガの配信を希望
バックナンバー
専門サイト
TOPページへ戻る