離婚相談において、協議・交渉段階からの関与を積極的に打ち出し、より良い条件での解決を実現するソリューション。

離婚相談において、協議・交渉段階からの関与を積極的に打ち出し、より良い条件での解決を実現するソリューション。

協議段階から離婚案件を受任し、案件の複雑化を防ぎ、早期解決を実現

導入事例数

10社以上

概要

離婚相談については、調停、訴訟段階からしか依頼を受けない弁護士も多い中で、協議・交渉段階からの関与を積極的に打ち出し、より良い条件(早期解決、経済的利益の確保)での解決を実現するソリューションです。
積極的な情報発信、サポートによって、誰にも相談できずに一人で悩んでいる方、不利な条件で交渉をさせられている方などを救うことができるだけでなく、弁護士の業務領域の拡大にも寄与します。

業界内の脅威

協議段階での相談は緊急性が低いものも多く、すぐには受任に繋がらない相談が多い。受任スキルが必要となる。

伸びるマーケット

年間離婚件数約22万件のうち、87%が協議離婚だが、弁護士の関与率はまだまだ高くない

成功のポイント

(1) 協議・交渉段階から受任をする
(2) 受任時から交渉での解決を提案する
(3) 依頼者・相手方と良好な関係を構築しながら事件処理にあたる

期待できる数値効果

診療圏人口        30万人
初期投資額        250万円
WEBサイト・コンサルティング
スタッフ数        1名
収支        
初年度        売上2000万 営業利益300万
2年目        売上3000万 営業利益500万
3年目        売上5000万 営業利益1000万
投資回収        1年

詳細レポートダウンロード

TOPページへ戻る