札幌市で地域密着、労務特化の法律事務所

河口法律事務所 様

北海道札幌市

今回は地域密着で、数多くの相談実績を誇る北海道札幌市の河口法律事務所様のインタビューをご紹介いたします。

 

札幌で労務に特化した事務所を始められ、労災部門の報酬が2年目で17倍、3年目では238倍にまで成長。「被害者が救済されないという事態を生まない」をモットーに、日々奮闘されている河口先生の今の思いをお伺いしました。


インタビュー動画はこちら ↓

労災事故に力を入れ始めたきっかけと、やってみて良かった点を教えてください。

札幌の弁護士1人、スタッフ3人の事務所です。

取扱分野は主に労災事故、交通事故が多くその他に一般民事等もしています。

4、5年ぐらい前から交通事故の案件がだんだん競争が激しくなり、交通事故が少し減り始めたこともあり、これからの分野ということで労災事故の分野は新しい分野として始めました。


事故にあった方というのは、交通事故とは違ってすごく重い怪我、例えば寝たきりになったり、腕や足を切断してしまったり、動きが制限される重い怪我が多いんです。
弁護士があまり浸透していない分野なので、会社から賠償してもらえるという意識があまり無い方が多いんです。

そういった重い怪我であれば、かなりの額の保障賠償を受けなくてはならないので、そういう点に関与し、結果的に数百万、1千万以上の正当な補償・賠償を実現してあげられます。
今後の生活を考えれば、依頼者の方もとても喜んでいただけるし、安心していただけるので、そういうところが良いと思いました。

労災に取り組んでご苦労されている点はどういうところでしょうか。

完全成功報酬制なので、事件依頼を受けても着手金などの費用はいただきません

1件の案件が終わるのに何ヶ月、長ければ1年、2年とかかるのでその間だけは、事務所経営は少し大変になります。

長くかかりますが、普通は事件を受ける時に20万とか30万、事件の内容にもよりますが「着手金」をいただきます。

案件が終了した時に、結果次第ですが成功報酬として別なお金を受け取るんですが、着手金がない分、キャッシュを回すのが大変というところです。


しかし労災をやってもう何年も経っているのと、労災事件だけでなく交通事故、その他会社関係や離婚、債務整理などもしているおかげで、全体で見ればキャッシュは回っています。

船井総研とお付き合いいただくきっかけと、その後はいかがでしょうか。

交通事故が減ってきて、これからどうしようかなという時に 労災の新しい分野があると知ったのが、船井総研のセミナーのパンフレットでした。

東京開催のセミナーでしたが、札幌から参加してみました。 これが初めて船井総研と付き合うきっかけです。 

私も労災分野をやりたいとその時に思ったので、セミナーが終わって早速 「興味あるんですけど」とその時の担当の方に声をかけました。


例えば集客をどうやってやるかと言ったら、今はやっぱりWEBなんですよね。
それは自分で出来る気は全くしませんので、費用払ってでもやらないと、うまくいかないだろうと思いました。

一人でずっと何年も弁護士事務所をやっていると、経営的な意味でも変化を起こすきっかけがあまり無く、今までの延長で新しいことをやってみようっていうきっかけが乏しいんです。


でも船井総研のコンサルを始めてからは、こういうのやってみましょう!ああいうのもしてみましょう!と提案を色々いただき、じゃあやってみようと思えたんです。


一人じゃ絶対やらなかっただろうし、やれなかった、というのが多いです。



※河口法律事務所WEBページより引用


一番良かった提案や、その効果はいかがでしたか?

WEBサイトを作ったのが一番良かったですね。

LINEの相談を取り入れてみたり、Googleマイビジネスに載せて評価も良いので、それはよかったなと思います。

労災事件だけではなく、え?こんな分野も?というのも増え、すごい副次効果がありました。


船井総研の方がお尻を叩いてくれないと、進まないし新しいこともしないので、一緒に伴走してもらっているような感じがしています。

自分だけではやれないことを色々出来て、とてもありがたいなと思っています。


通常業務に比べて、営業的な感じのこともすごく手はかかるんですけど、その成果を日々感じていますので、お付き合いさせて頂いて
本当に良かったなと思っています。




河口法律事務所HP  https://sapporo-kawaguchi.com/




■無料ダウンロードレポート配信中! 以下をクリック↓↓■


人身傷害分野地域一番化ソリューション




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る