食品メーカーDtoCモデル

食品メーカーDtoCモデル

エンドユーザーに対して直販販路を構築することで事業の収益性向上を実現

導入事例数

30社以上

概要

中小食品メーカーがエンドユーザーに直接販売できる販路を構築することで事業の集積性向上を実現します。

直売店舗、直売通販がその主な販路となります。直売店舗と直売通販の相乗効果も高く、中間流通を通さないチャンネルでの売上構成比を高めることで、企業全体の収益性が高まります。

また、エンドユーザーと直接販売を通してコミュニケーションを取ることが出来ますので、新商品開発のサイクルも活発化します。

業界内の脅威

卸売業からの値引き要求などが食品メーカーの収益を圧迫

伸びるマーケット

直売店ビジネスは観光客の呼び込みにもつながるため、地方創生にも貢献。

成功のポイント

「そこでしか買えない」モノづくりが集客及び高収益化の決め手となる。

①商品開発(パッケージ&ストーリー)

②ブランディング

③SNS活用などによる口コミ促進

④固定客化

などが重要になる。

期待できる数値効果

観光地出店の場合

観光客数
50万人~
店舗面積
15坪
売上
4,000万円~(物販:テイクアウト=1:1)
初期投資
1000万円
投資回収
1~2年

通販名簿1件価値平均10,000円獲得




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る