会社の危機が、会社を強くした。東北No.1のリフォーム会社ができるまで。

株式会社オノヤ 様

福島県

2019年11月

住宅について、日本では「新築こそいいもの」という固定概念があります。しかし築30年を過ぎた中古住宅でも優れたリフォームを施せば、素敵な住宅に生まれ変わるのです。中古住宅を買ってリフォームすれば新築よりも安く、その分、生活を楽しむ余裕も生まれます。日本では今、空き家問題が深刻化していますが、私たちは中古住宅を上手に活用することで、この問題も解決できると考えています。

当社は1935年に祖父が燃料等の卸売で創業して、父が高度経済成長期に建材卸を始め、それを私が継ぎました。当時、建材卸の売上が落ちてきたため、創成期だったリフォーム業に参入しようと思い立ったのですが、具体的なノウハウが分からず、船井総研に相談して業界に詳しいコンサルタントの方に来ていただいたのです。事業戦略立案と実行支援をお願いして初年度で1店舗3億円の売上になりました。それからずっとお手伝いいただいて20年、売上は40億円にまで伸び、東北エリアでリフォーム売上No.1の会社になることができました。

この20年の間には会社存続の危機もありました。2000年頃、リフォーム業界で悪徳業者が横行して業界全体のイメージがダウンし、当社の集客も激減したのです。私たちは本当に優れたリフォームをお客様に知ってほしいと考えてショールームをつくり、お客様が憧れるようなLDKリフォームを実現するために、デザインも必死で勉強しました。そうして生まれたデザイン性の高いリフォームが当社の武器となり、高単価の仕事を受注できるようになったのです。その後も私たちはお客様の暮らしをもっと快適にするために商品開発をつづけ、家の断熱・耐震・収納を2倍にする工事、住宅の水廻り工事、マンションのリノベーションも手がけていきました。住宅の仲介・販売も始めたことで「中古住宅の購入+リフォーム+インテリア」をワンストップで提供できるようにもなりました。今年11月には東京の吉祥寺にもショールームをオープンし、首都圏のマーケットも開拓していきます。

オノヤの目標は、お客様の満足度、社員の幸福度で、日本一になることです。私たちは「ライフスタイル提案企業日本一」になるためにこれからも挑戦をつづけていきます。


船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

経営コンサルティングの種類は、
「月次支援コンサルティング」と、
「プロジェクト型支援」の
大きく2通りに分かれます。

詳しくはこちらから