6カ月財務改善モデル

6カ月財務改善モデル

導入事例数

150社以上

短期間で経営を加速させる財務体制の構築

概要

B/Sの運用調達構造を見直すことで、キャッシュフローの最大化を図るソリューションです。
金融機関の時流・自社の事業にマッチする条件での資金調達を実現し、財務の「調達と運用」について健全な体質を実現するサポートを実施しています。

業界内の脅威

金融情勢の変化に影響されるため、時流を踏まえた銀行交渉が必要となる

伸びるマーケット

無担保無保証借入や短期継続融資など、企業主導型の借入が可能な金融情勢となってきている

成功のポイント

①財務分析
自社の「金融機関からの評価」と課題を定量的に把握

②財務戦略の構築
B/Sから自社にとって最適な調達構造、調達条件を把握し、キャッシュフローを最大化するための戦略を構築

③財務体質の改善(銀行交渉)
金融機関出身者による銀行交渉を実施。調達条件の最適化を実現

期待できる数値効果

・期間:6ヵ月
・初期投資額:380万円~
 (財務分析220万円~+銀行交渉160万円~)
・導入効果①:(売上規模 31億円 医療法人)
 キャッシュフロー改善額 1億3,000万円
 利息 310万円削減
 当座貸越 5億5,000万円作成
 無担保・無保証借入の実現
・導入効果②:(売上規模 1.8億円 葬儀業)
 キャッシュフロー改善額 766万円
 利息 104万円削減
 当座貸越 3,000万円作成




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

TOPページへ戻る