税理士向け相続税申告売上最大化のためのソリューション

税理士向け相続税申告売上最大化のためのソリューション

一般顧客から案件を獲得し、パート・無資格者を活用する ”高生産性型”相続税申告案件獲得モデル

導入事例数

50事務所以上

概要

会計事務所が「相続税の専門家」となり、業績向上を追求するソリューションです

会計事務所が売上の柱の1つとして考えている相続税分野において、既に税理士が付いていない客層に絞り込み、一般顧客をメインターゲットにした集客活動とパート・無資格者を活用した業務効率化により、売上アップ・高営業利益率が実現可能です。

業界内の脅威

中堅・大手会計事務所が一般顧客向け集客活動へ参入してくることによる競合激化。

伸びるマーケット

平成27年の基礎控除額変更により案件が急増しており、更に団塊世代・団塊世代ジュニアの今後によって、再度の案件数増加が見込めている。

成功のポイント

(1)法人チャネル・顧問先からの紹介案件から『 一般顧客 』からの『 直接案件 』が見込めるダイレクトマーケティングに切り替える
(2)超高所得層がターゲットの事務所側は分かる料金体系から『 税理士が付いていない方 』がターゲットの『 イメージできる 』料金体系に切り替える
(3)税理士が最初から最後まで全て行っている業務処理方法から『 パート・無資格者 』を活用し、税理士は『 チェックのみ 』の業務処理方法に切り替える

期待できる数値効果

商圏人口:20万人

月額広告費:20~30万円

税理士資格者1名/パート・無資格者スタッフ2名

相続部門売上2,200万円

投資回収1~2年