飲食店でも省人化&生産性向上を実現できると実感

株式会社 ランドマーク 様

静岡県

2019年5月

外食・宅配・食品コンサルティング 小売・サービス・飲食コンサルティング

当社は静岡県浜松市を中心に、繁華街や郊外で焼肉店を数店舗経営しています。外食業界は特に人不足の悩みが尽きない業界です。だからといって何も対策をしないわけにはいきません。そこで発想を転換し、省人化でも利益が出せる構造にシフトしました。

具体的には、全卓にドリンクサーバーを設置し飲み放題を完全にセルフ化したり、料理は回転寿司店などで使用されている配膳専用レーンを利用して提供するなどです。この取り組みにより、ホールスタッフが少なくとも営業できる次世代の焼肉業態の開発に成功しました。


当社は、黒毛和牛や国産牛をまるごと一頭買い付けることで、お客様には質のよい牛肉をリーズナブルに提供することをモットーとしています。飲食店は、味はもちろんのこと接客もお店の印象を左右します。省人化に向けて各種設備を導入することで店員による接客の機会が少なくなり、顧客満足度が下がってしまっては意味がありません。省人化に向けての取り組みには当初迷いもありましたが、取り組んでみた結果、今では正しかったと感じます。

売上も好調です。当社の強みである「肉」と「味」で勝負できているようです。


以前から研究会には入会していました。今は事業承継に向けて後継者に焼肉ビジネスモデル研究会に参加させていただいております。業種に特化している研究会は、船井総研ならではです。同業種の経営者と一緒に学べる研究会は、一期一会のセミナーとはまた違った魅力があります。今後も、持続的に会社が成長できるように、私自身も後継者も学び続けていきたいと思います。

[所属研究会]焼肉ビジネスモデル経営研究会




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様からの声
関連するビジネスモデル
TOPページへ戻る