ナーシングホーム開設コンサルティング

管理戸数を伸ばし続け成長しつづける賃貸管理ビジネスモデル

重度者・医療的ニーズ対応型施設

導入事例数

25社

概要

入居施設に24時間対応の訪問看護サービスを付加し、医療的ニーズに対応するナーシングホーム。

病床数削減や在院日数の短縮が進められる中、一般的な施設が不得意とする医療依存度の高い患者・利用者の受入れを行うことで「退院後の受け皿」となるとともに、診療保険報酬の算定により高い収益性を実現します。

業界の動向

医療機関の病床数削減や在院日数短縮により、医療依存度の高い在宅療養者を受け入れられる施設のニーズが高まっている。

ナーシングホームビジネスがうまくいく理由

訪問看護併設の施設や、夜間看護師を配置する施設が少なく、需要に供給が追い付いていない。介護報酬に加え診療報酬の算定が可能で、収益性が高い。

ナーシングホームビジネスの具体的な流れ

市場調査に基づき開設エリアを判断。

自社建築もしくはリースバック等で物件を取得し、看護師等の採用、医療依存度の高い患者の集客等を行う。

成功のポイント

(1) 調査に基づき、労働力および入居者を安定的に確保可能な立地を選定。
(2) 地域および職種の求人状況を踏まえた処遇および採用戦略を策定。
(3) 入居者層の適切なターゲティングと、属性により絞り込み可能な集客施策。




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様の声
TOPページへ戻る