ローコスト住宅で3年目に売り上げ5億円を目指すビジネスモデル

ローコスト住宅で3年目に売り上げ5億円を目指すビジネスモデル

DIY×ローコストデザイン住宅ビジネスモデル

導入事例数

20社以上

概要

デザイン性の高い低価格な企画型注文住宅商品。見込客だけWEB予約で効率的に店舗に集めるターゲット集客。初回接客から最短7日間で契約を可能とする生産性の高い時短営業。まさに市場縮小期に適応したビジネスモデルです

業界内の脅威

住宅業界の今後の更なる市場の縮小化・販売価格の低下

住宅業界の動向

・注文住宅の回転速度がウッドショックの影響もあり遅い
・集金サイクルが不安定
・受注にかける時間が長く疲れる

DIY×ローコスト商品がうまくいく理由

・商品・集客・営業と一貫してターゲット層を狙っているため受注がしやすい
・コロナ禍、年金問題で収入に不安がある方が増えているためターゲット層の幅が広くなっている

DIY×ローコストデザイン住宅ビジネスの具体的な流れ

➀競合調査を行い他社に負けない商品づくり
➁集客最大化のための店舗立地選定
③集客最大化のためのHP等販促物作成
④営業フローの構築及び営業ツール作成
⑤グランドオープンにて集客・営業のPDCAを回していく

伸びるマーケット

購入層の思考の細分化により、よりターゲットを絞り込んだ特徴を明確にした商品が求められる

成功のポイント

➀競合他社と圧倒的に差別化された優位性のある高粗利商品

⇒デザインと価格のギャップで売れるコスパ力

⇒粗利30%以上で建物価格1300万円の売れ筋商品


➁集まらない時代だからこそ見込客だけを集める集客策

⇒脱・見学会集客で効率的に店舗へ集客

⇒金脈である資料請求からの呼び込みを仕組み化


➂未経験素人営業でも契約率20%で即受注の営業策

⇒初回接客から最短7日間で即受注

⇒誰でも売れるために各種ツールを整備しロープレを徹底

参入条件①初期必要人員数

2名

参入条件②必要投資額

店舗:600万円
移動式モデルハウス:土地+建物+諸経費1500万円

期待できる数値効果

商圏人口30万人 商圏棟数800棟


1年目人員 営業2名(専任)、設計1名(兼任可)
3年目人員 営業4名、設計・工務1名ずつ


<1拠点あたり収支>

1年目
売上1.3億円
受注12棟
完工 8棟
営業利益1280万円
2年目
売上3.0億円
受注24棟
完工18棟
営業利益3000万円
3年目
売上5.0億円
受注36棟
完工30棟
営業利益5,000万円

成功事例

・株式会社シアーズホーム様
・ロイヤルホーム株式会社
・株式会社アルプスピアホーム




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る