在宅医療部門の立ち上げプログラムセミナー|船井総合研究所

在宅医療部門の立ち上げプログラムセミナー

在宅医療部門の立ち上げ成功のポイント!採用×集患!
在宅医療部門の立ち上げプログラムセミナー

このような方にオススメ

本セミナーで学べるポイント

お客様の声

講座内容

講師紹介

医療法人社団 川田会

理事長

國﨑正造 氏

医師免許取得後、病院で外科医として研鑽を積む。

病院勤務医の頃より、高齢化が進む日本で今後在宅医療のニーズが高まると考え、在宅医療を勉強しようと在宅医療専門クリニックに従事することを決意。

実際に現場を目の当たりにし、在宅医療の必要性を強く感じ、この経験を活かして地域医療に貢献できる診療所を自らで運営したいと考え、現在の川田クリニックにて地域医療へ貢献を続けている。

外来診療がメインのクリニックではあったが、国が推進する訪問診療を積極的に開始することを決意し、本腰を入れ始めた7ヶ月前より在宅患者数2倍、在宅医療部門収入約3倍まで増加することに成功。

今後はクリニック運営だけでなく、訪問看護事業なども開始予定で多角的な経営ビジョンを描きながら、計画的な人財採用にも取り組んでいる。

株式会社 船井総合研究所

松岡 佑磨

在宅医療をメインテーマに医科・歯科・調剤へのコンサルティングに取り組む。学生時代より、社会インフラに携わりたいと考え船井総研に入社後、在宅医療の社会性的必要性を独居居宅や介護施設の現場で本気で実感し、今では『看取り難民問題を解決する在宅医療機関を世の中に1件でも多く排出する』という想いを強く持っている。クライアントの特徴、地域ならではの市場性や医療介護資源を把握したうえでの多職種ニーズをとらえた連携提案を強みとし、在宅医療に取り組む医療機関と共に日本の健康寿命を向上させる事に注力している。

株式会社 船井総合研究所

齋藤 倫啓

医薬品卸(4大卸)にてMS、製薬会社(皮膚科メーカー)にてMRとして、医薬品業界に従事した。その後、外来メインの医療機関にて在宅医療部門の立ち上げに携わる。

訪問診療部の室長として地域との繋がりを重視し、より良い在宅医療の提供に尽力し、外来の延長線上であった在宅患者数を2年間で4倍へと増患。

部門としての収入も4倍に成長し、クリニックの健全な運営にも貢献。分院の設立やオンコール体制の仕組み作りにも携わる。

その後、より在宅医療に特化したいという想いから、在宅医療メインクリニックにて事務次長として院内の調整に携わる。

地域の在宅医療のトップ医療機関として、外部に向けた満足度を高める仕組みや方法、内部の効率的な訪問体制の確立、それに伴うルールなどの運営を中心に取り組んできた。

短期間で分院を複数出すといったベンチャークリニックにて、ひとつの拠点を任され運営を行う中で在宅医療の本質を学んだ。

参加料金

日時・会場

会場

日にち

時間

場所

申し込み

オンライン

2024/03/03 (日)

10:00~13:00

オンライン

2024/03/10 (日)

10:00~13:00

オンライン

2024/02/18 (日)

10:00~13:00

オンライン

2024/02/24 (土)

15:00~18:00



「社長online」プレミアムプランの登録で、
有料セミナーが何回でも2割引!


セミナーのよくあるご質問はこちら
関連する無料ビジネスレポート
関連するセミナー
関連するお客様の声