営業時間を2時間短縮しても、売上120%成長を続けています。

有限会社リッツ 様

香川県

2020年1月

■売上アップと働き方改革を同時に実現

当社は香川県の高松市と丸亀市で、美容院、まつげエクステサロン、痩身サロンを5店舗展開しています。5年前に船井総研のセミナーに参加してから、当社のビジネススタイルは大きく変わりました。大きく成長した要因は「カラー会員制サロン」という仕組みです。お客様が一定の料金を払えば、カラーが1年間何回でも利用できる会員制サービスです。カラー1回あたりの単価は下がりますが、お客様の固定客化ができ、来店頻度が増えます。ご来店時にカラーに加えてトリートメント等の追加メニューをご提案することで以前より客単価がアップしました。新規顧客のカラー比率も60%を超えるような集客設計をすることで、新規リピート率も50%を超えるようになりました。


このシステムを導入してスタッフも働きやすくなったと思います。カラー会員のお客様は次の来店までの期間が短いので予約スケジュールを調整しやすいのです。空き時間を減らせるようになったので店の営業時間を2時間短縮しました。スタッフの残業時間も月平均20時間からゼロに。営業時間を短縮しても売上が前年比120%を維持できているので、生産性が上がりましたね。新人でもできる仕事が増えたので、スタッフの育成も早くなったと思います。

■採用活動も生産性アップ

お客様が増え、店舗を増やす計画も出てきましたが、困ったのがスタッフの不足です。新卒採用の目標は3名でしたが応募が少なく採用はゼロ。働きやすい環境が整い、若いスタッフも活躍できるサロンになったのに、それが学生にうまく伝わらないのはなぜなのか?-私は船井総研の担当コンサルタントの方に相談して採用活動を見直すことにしました。新しい取り組みとして、美容学校と早期に関係性を構築することから始め、ガイダンスを開催してサロン見学へ誘導、見学者から面接へ進めるフローを組み立てました。学生を集めるためのイベントも彼らが興味を持ちそうなテーマを考えて企画しました。こうして当社の良さを学生によく理解してもらうことができ、その結果3名の新卒を採用することができたのです。

美容業界はトレンドの変化が速いので、常に最新情報を押さえ、スピーディーに経営に反映させることが大事だと考えています。私が忙しくても船井総研の美容院の研究会(会員制勉強会)に毎回参加しているのは、そこで業界の最前線の情報がわかり、全国の同業者の方と情報交換ができて、コンサルタントにすぐに相談できるからです。これからも大切なお客様とスタッフが幸せになる店づくりを追求していきたいと思います。

[所属研究会]美容室経営研究会


船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

経営コンサルティングの種類は、
「月次支援コンサルティング」と、
「プロジェクト型支援」の
大きく2通りに分かれます。

詳しくはこちらから