新卒の営業も活躍!輸入車販売店が軽中古車販売を開始して年間1009台を販売

株式会社 ベネフル 様

奈良県

2019年5月

当社は奈良県で自動車販売業を営んでいます。船井総研とのお付き合いはセミナーをきっかけに自動車販売店の研究会に入会してもう12年続いています。


当社は創業時から輸入車販売一筋でした。しかし景気の落ち込みと連動して販売数が伸び悩んでいました。

将来を考えると、うちもそろそろ第二の本業をつくる時期に来ているのではないか。船井総研の担当コンサルタントに相談したところ、新業態を始めてはどうかと教えてくれたのが軽自動車の中古車を販売するビジネスモデル「軽39.8万円専門店」でした。低所得者層が増えるこれから、39.8万円の中古車は多くの人に支持されるはず。中古車は車検も高く、収益が見込めるというのです。既に成功している船井総研の支援先の店舗を紹介してもらい、見学に行きました。


高額な輸入車を扱ってきた当社からすれば正反対のマーケット、それを扱うのが本当に良い事なのだろうかと私は悩みました。しかし、現状を打破するには思い切った方法が必要だと決心し、店をつくることを決めたのです。


コンサルタントの方の意見を聞きながら、店舗づくり、車の仕入れ、スタッフ教育等を進め、軽39.8万円専門店をオープン。低価格をストレートに打ち出したチラシ、看板を見て多くのお客様が集まりました。当社の商圏は6万人程ですが、月に250組程のお客様が来場され、需要の多さに改めて驚きました。


このビジネスを導入して当社の採用も変わりました。輸入車の営業は中途採用がメインでしたが、軽は未経験者でもある程度教育すれば売れるので、新卒を積極的に採用するようになりました。

船井総研のコンサルティングを受けてから、年間販売台数は10倍以上(約100台→1000台)になり、従業員数は7倍(7名→50名)に増え、社内に若さと活気があふれてきました。
時代が変わればお客様が求めるものも変わります。当社はこれからも歩みを止めることなく10年先を見据えて新しい事業や戦略を考え、社員達が活躍できるフィールドを拡げていきたいです。その中から私に続く、第2、第3の経営者が育ってくれたらうれしいですね。

[所属研究会]オートビジネス経営研究会 軽39.8万円専門店会

船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

経営コンサルティングの種類は、
「月次支援コンサルティング」と、
「プロジェクト型支援」の
大きく2通りに分かれます。

詳しくはこちらから

関連する専門サイト

オートビジネス経営研究会

自動車業界の業績アップ専門サイト。自動車業界の経営における最新情報を無料で公開!実際に成功した事例を更新しています。

自動車小売・整備・修理コンサルティング