さらなるサービス力向上とスケールメリット実現を目指して

日本リーガル司法書士法人 様

新潟県

2020年12月

■ お付き合いのきっかけは業種向けのセミナーから
入会前を振り返ると、当時は新潟県内で最初に法人登録するなど、事務所を拡大させることを目指して日々奮闘していました。そんな折、2008年の船井総研の『司法書士事務所「即時業績アップ100連発」公開セミナー』の開催をたまたま知り、興味本位で参加しました。 当時は司法書士事務所をコンサルティングしている会社はほとんどなく、セミナーで得られる情報は新鮮でした。地元の新潟では得られないような司法書士事務所の経営に関する情報や事業拡大のヒントを多く得ることができました。船井総研とのお付き合いが始まったきっかけはここからです。最初の接点から、もう10年以上ご縁をいただいている計算になりますね。


■ 成功事務所を肌で感じたことで、さらなる事業拡大を決断

その後も何度かセミナーに参加し、2011年より司法書士事務所経営研究会に入会しました。経営研究会に入会し、全国の先進的な事務所の先生方と意見交換することは自らのモチベーションアップにつながりました。また、「成功事務所視察クリニック」ということで、日本各地の先進法人を実際に視察。成功している事務所がなぜ成功できているのか、薫陶を受けました。 

こうした学びを積み重ね、司法書士だけに留まらず、関連する分野である土地家屋調査士部門の強化の必要性を痛感。私自身も新たに資格を取得し、さらに事業ドメイン拡張による事業拡大に踏み切れました。2019年には経営統合を通じて事業所の名称を「日本リーガル」に変更し、新潟県内で4店舗を構える地域一番店に成長することができました。


■ 司法書士・土地家屋調査士どちらにも対応できるハイブリット人財の育成を目指す

結果、開業以来、実現したかった「測量から登記までのワンストップサービスによるサービス力向上」と「機能・規模両面で地域オンリーワンの事務所としてのスケールメリット」を実現しました。1拠点や単体事務所では開拓し得なかった業務やエリアでの案件を受託できるようになりました。 個人事業主から法人化、事業承継、組織再編経営統合まで、すべて経験するという貴重な経験ができました。この経験を活かし、今後は地元新潟だけではなく、全国にも商圏を広げていければと思います。そのためにも事務所と人員体制を強化させ、まずは6拠点50名体制の事務所を目指していきたいです。さらに、質を担保するための司法書士・土地家屋調査士どちらにも対応できるハイブリット人財の育成も実現していければと考えています。

船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談はこちらから

船井総研のコンサルティングを更に知りたい方はこちらから


TOPページへ戻る