インボイス制度のポイント

インボイス制度のポイント

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 適格請求書等保存方式(インボイス制度)についてお知りになりたい方
  • 「仕入税額控除」を受けるためにすべきことが分からない方
  • いつまでに適格請求書発行の登録を行えばよいかご存知ない方
  • 経理負担の見直しをご検討中の葬儀社様

目次

1、葬儀社への影響は?

2、適格請求書等保存方式(インボイス制度)とは?

3、なにをすればいいの?

4、いつまでに対応すればいいの?

5、この機会に経理負担の見直し

レポートの内容

令和5年(2023年)10月1日から、消費税の仕入税額控除の方式として「適格請求書等保存方式(いわゆる、インボイス制度)」が始まります。

こちらは令和元年の増税時に導入された「区分記載請求書」に加えて、さらに記載が必要な項目が追加されるのですが、変更に伴い、「いつまでに」「何が必要なのか」本レポートにてご紹介いたします!

このレポートを読むメリット

①「仕入税額控除」を受けるためにすべきことが分かる

②いつまでにと登録申請しなければいけないかが分かる

③経理負担の見直しについて検討できる

ダウンロード特典

【経営研究会】

経営研究会では、貴社の経営、マーケティング、マネジメントを会員企業様、船井総研と共に進めていく機会を提供します。

初回の無料お試し参加を随時受付けております。

また、初めてご参加する方に現在のお悩みを聞きながら、どう研究会を有意義に利用できるか、その他ご不明な点・ご質問にお答え する機会として、すべての参加者様に事前の30分間の個別事前ガイダンスを実施しております。

この機会に、ぜひご参加ください。

>> 経営研究会について詳しくはこちら
関連する無料ビジネスレポート
関連するセミナー
TOPページへ戻る