電気・設備工事業 時流予測レポート2021

電気・設備工事業

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 工事業界がこれからどのようになって行くかを知りたい!
  • 人手不足・採用難の中で人が集まる中小工事業の取り組みを知りたい!
  • 今後重要となる民間元請工事の受注方法が知りたい!
  • 働き方改革・生産性向上・DX!その具体的手法が知りたい!
  • これからも安定的に成長する為に何をすべきか知りたい!

目次

1、電気・設備工事業界の現状

2、電気・設備工事業界におけるこれからの5年間

3、電気・設備工事業界の今後・これからこうなる!

4、2021年経営のポイント ズバリこれをしよう!

レポートの内容

「なぜあの工事会社は良い人材が集まり、しっかりと育ち、第一線で多くの人材が活躍するのだろう」

人手不足・採用難が続き限られた人材で目の前の仕事を対応する日々。その中で求められる働き方改革・残業削減。これからの工事業界がどうなっていくのか、その上で何をすべきなのか。多くの工事会社経営者が課題に感じている事です。本レポートでは、これからの工事業界の流れと、その中でしっかりと事業を継続し成長する工事会社になる為に取組むべき事項をまとめています。

このレポートを読むメリット

・電気・設備工事業界のこれからの5年間の予測がわかる

・建設市場が縮小する一方で急速に拡大するIoT市場とは?

・2021年 今、取り組むべきこととは?

ダウンロード特典

【無料経営相談】

1回90分の無料個別経営相談を設定させていただいております。

東京本社・大阪本社ではもちろんのこと、オンライン会議でも行うことができるため、全国どこの場所からでも相談可能です。


また今後、弊社から電気工事・設備工事業界に関する「最新ノウハウ」や「事例レポート」といった戦略づくりを考える上で有益な情報をご案内させていただきます。
無料経営相談をぜひお気軽にお申し込みください。

関連する無料ビジネスレポート
TOPページへ戻る