経営研究会での学びを社員とともに実践することで、会社も社員も成長できた

株式会社アットハウジング 様

愛媛県

2020年12月

■ 船井総研との出会いは知人の社長からの紹介
船井総研とのお付き合いは、以前より知り合いであった中央建設株式会社(島根県出雲市)の足立社長にご紹介いただいたことに始まります。足立社長より、ここ1年間で会社の業績が回復してきたことなどを聞き、興味を持ちました。
住宅業界は成熟期にあるといえます。会社の成長のためには今後、何かしら行動を起こしていかなければという漠然とした考えはありました。


 会社の利益は出ていたものの・・・

以前は集客方法がわからず、とにかく広告を打ってみて、そこから動くというようなやり方でした。営業担当者の属人性の高い売り方だったため、担当者の力量によって成果の違いが大きかったように思います。その結果、売れる営業と売れない営業、成果の上がる店と上がらない店のバラツキが大きくでてしまい、利益は出ていたものの、経営の安定性には欠けていたように思います。また、苦労してなんとか採用した社員も育つ前に退職してしまうなど、会社全体として伸び悩んでいました。


■ 経営研究会で学んだことは社内で社員とともに実践
船井総研と出会い、まずは個別のコンサルティングをお願いしました。その後、経営者同士が集まって勉強や情報交換をおこなう経営研究会に入会しました。そこで教わった集客方法や営業方法を社内で共有し、実践していきました。結果が明確なやり方を社員全員で共有することで徐々に結果が出てきました。 実はこれまでも、いくつかコンサルティング会社とのお付き合いがありました。しかし、結果が思うように出なかったのです。しかし今は教えていただいたことを実行していけば、それに比例して成果につながっているため、その確実性には驚いています。


 コロナ禍ながら前年比20.0%アップ

そのおかげで広告費や宣伝費に無駄がなくなりました。営業担当者の成績もバラツキが少なくなり、落ちこぼれる社員もほとんどいないのが現状です。各店の業績向上に比例して、社員のモチベーションも上がってきたように思います。なにより、船井総研のコンサルタントが一緒になって新商品の開発までもフォローしてくださるので、発売から集客も好調です。新しいターゲット層の掘り起こしや売上の上乗せにつながっています。

今では、新しい店舗を出店できるまでに力がついてきたので、今期はこのコロナ禍ではありますが、受注は10月末の段階で前年比20.0%のアップとなっています。


 働きやすい環境づくりで二桁成長を目指す
最初に船井総研をご紹介くださった足立社長はもちろんのこと、船井総研にはたいへん感謝しております。また、経営研究会で知り合えた多くの経営者の方からも親切に教えていただき情報交換できることも有難いと感じております。

業績が安定してきたので、今後は福利厚生を充実するなど社員満足度を高めていきたいと思います。また、社員が目指すべきポストを用意できるような環境をつくることで、社員にとってもやりがいを感じながら全社が一体となって業績アップを目指す会社にしていきたいです。その結果で無理なく二桁成長を続けていけるようになると理想的だと思っています。




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談はこちらから

船井総研のコンサルティングを更に知りたい方はこちらから


TOPページへ戻る