人をかけず、仕込み数を最大化できる手法をパッケージ化した「産業用太陽光土地仕込ソリューション」

人をかけず、仕込み数を最大化できる手法をパッケージ化した「産業用太陽光土地仕込ソリューション」

売電単価がさらに下がっても、高粗利の物件販売が可能

概要

売電単価が更に低下しても「土地付き太陽光」販売において利回り10%・粗利率30%を獲得できる効率的な土地仕込みが可能です。

人をかけず、仕込み数を最大化できる手法をパッケージ化したものが、「産業用太陽光土地仕込ソリューション」です。チラシを使った反響営業、地主対応マニュアル、営業研修等により未経験者でも土地が仕込め、更なる業績UPが見込めます。

業界内の脅威

太陽光発電事業者間で用地の争奪戦が激化。用地の仕入れが滞った場合、業績が停滞する。

伸びるマーケット

発電用地を確保することで、今後数年間分の安定的な売上を確保できる。

成功のポイント

●効率的な地主集客

地域調査データに基づくチラシ配布により集客を効率化。チラシ反響の電話受付、現地調査等のフローを最適化。


●成功率の高い営業方法をマニュアル化

地主営業をマニュアル化。営業マン研修も行い、未経験者でも用地獲得できるスキルが身につく。


●人材を早期育成

営業の各プロセスの数値をKPI化し、PDCAを回すことで短期間で営業スキルが向上。

期待できる数値効果

<営業数値モデル> 

産業用太陽光発電システム

売上  :97,500万円(85kw・kw単価17.6万円の場合)

粗利額 :24,375万円

営業利益:19,515万円


経費:4,860万円


<経費内訳>

・人件費(営業正社員2名、電話対応パート・アルバイト2名)

・事務所家賃

・広告費(新聞折込チラシ 年間180万部)

・コンサルティング料

・その他

※数値はあくまでもモデルであり、成果を約束するものではありません。


<導入企業の例>

愛知県D社:

住宅用蓄電池をメインで販売していたが、新たに産業用事業をスタート。

新規参入2年目で土地仕込140件超、売上見込15億円超




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

関連する無料ビジネスレポート
TOPページへ戻る