民事信託案件獲得モデル

導入事例数

30社以上

不動産オーナー&一般家庭に生前対策を
民事信託案件獲得モデル

概要

士業事務所が民事信託の制度を活用して不動産オーナーや一般家庭に生前対策を提供するソリューションです。特に認知症対策としての民事信託の活用が注目されており、65歳以上の4人に1人が認知症に疾患するとされている現代で民事信託を活用した生前対策を提供することはお客様への不安解消、将来の争続対策を提供できるサービスだと考えます。従前の遺言や成年後見では包括しきれないお客様の問題を解決できることで高単価報酬の獲得が可能な提案型付加価値コンサルティング業務です。

業界内の脅威

民事信託という制度の認知度の低さ

伸びるマーケット

65歳以上の高齢者、約3千万人の内4人に1人が認知症高齢者

成功のポイント

(1) 相続対策が必要なお客様を持つチャネルに対して、育成・案件掘り起こしを行う

(2) ホームページやセミナー・相談会を駆使した一般顧客へのダイレクトマーケティング

(3) お客様への徹底したニーズヒアリングとお客様目線の生前対策提案

期待できる数値効果

初年度受任10件売り上げ700万円
2年目受任30件売り上げ2100万円
3年目受任50件売り上げ3500万円
投資回収2年