ブライダル経営.comメルマガ

ブライダル業界経営者向け船井総研流業績アップメールマガジン【無料】

船井総合研究所ウェディングチームのコンサルタントがお届けする、式場経営者・経営幹部・支配人向けの無料メールマガジンです。全国の業績アップしている結婚式場の最新事例やノウハウ、今後のブライダル業界の時流予測などを定期的に配信しています。

フォトウェディング付加、集客率アップ、成約率アップ、バンケット稼働率アップ、単価アップ、ブライダル企業向けシステムの活用、社内評価制度、コールセンターなど、様々な角度から業績アップのために使える情報を配信します。また、勉強会やセミナーのご案内も都度お届けします。簡単1分で登録が完了しますので、この機会にぜひご登録ください。


ブライダル経営.comメルマガのおすすめポイント

〈Point1.〉

全国のウェディング関連企業様の”生”の成功事例や、最新の業界情報を配信!

「ほかの会社はこんな時、どんなことをやっているの?」

「こんなやり方があったんだ!」

などブライダル業界ならではの経営の”ヒント”が得られます。


〈Point2.〉

ブライダル業界企業経営者、結婚式場支配人様向けのセミナー開催情報をいち早くお届け!

船井総研ウェディングチームが開催しております、セミナーや研究会情報をお知らせいたします。

また、マーケティング系のセミナーだけでなく、新しいビジネスモデルの提案、働き方改革、デジタルシフト、コールセンターなどテーマも多岐にわたります。

開催概要だけでなく、セミナーに参加しなくても役に立つコラム付きでの配信もございますので合わせてご覧ください。


〈Point3.〉

メルマガにご登録いただいた方には「ブライダル業界時流予測レポート」を無料プレゼント!

ブライダル業界における経営でやっておくべきポイントがこのレポートに集約されています。

それ以外にも定期的に無料でダウンロードいただける小冊子のURLなども不定期配信しております。



こんな方にオススメ

◆ブライダル業界の最新情報を知りたい

◆なし婚や晩婚化という業界の流れに対応したビジネスモデルを知りたい

◆ウェディング関係に専門特化したマーケティングのノウハウを知りたい

◆結婚式場はどのように働き方改革に対応すべきかわからない

◆WebやSNSでの集客に力を入れたい

◆デジタルシフトを考えているが何から取り組めばいいかわからない

◆集客や成約率を強化したい

◆フォトウェディングスタジオの立ち上げに興味がある

このメルマガの配信を希望
専門サイト

メールマガジンの例

皆様、こんにちは!
ブライダル経営.com編集部です!

前回のコラムでご紹介したInstagramを活用するメリットは以下の2つでしたね。

1.式場の認知を広げることが出来る
2.式場のブランディングを行うことで来館前からファンを作ることが出来る

今回のコラムでは、
実際にInstagramで発信していく上で知っておくべき アルゴリズムという裏のルールをご紹介します。

アルゴリズムは簡単に言うと「評価基準」のことです。
そういったInstagram上で評価されるための基準は大きく分けて以下の3つです。

1.いいね!数などの、お客様の関心度
2.コメントなどでの、お客様とのつながり
3.新機能を使うことによってInstagramに貢献しているかどうか

この3つが何故重要なのか、
どのようにすれば評価を上げることが出来るのか
以下の本文で詳しくご説明しています。

目次
Instagramで発信する上で知っておくべき基礎知識 アルゴリズムとは?
ポイントその1 関心度
ポイントその2 繋がりの多さ
ポイントその3 貢献度


アルゴリズムとは?

アルゴリズムとは、簡単に言うと ”Instagramの運営から各アカウントが評価される基準”のことです。 ホームページのSEO(Googleからサイトが評価され、表示される際に順位付けされる)と似たものだと思って下さい。

このアルゴリズムを上げる、つまりInstagramからの評価を高くすることで
例えばハッシュタグで検索された時に、競合よりも上位に投稿を表示させることが出来ます。
そうなると、、、

▼コラムの続きはこちら▼
続き(全文)はコチラ
https://bridal.funaisoken.co.jp/column/insta_02/


■ ブライダル経営研究会

結婚式場を持つ全国のブライダル企業の経営者層が集まり、共に学び共に成長する勉強会です。

トレンドの移り変わりが早い業界だからこそ、今の時流やその次の時流への変化をいち早くキャッチアップしていくことが重要なこと言うまでもありません。

ブライダル経営研究会では、コンサルタントからの最新情報の提供はもちろん、会員同士の情報交換も活発に行われるため、より精度の高い一次情報が大量に集まります。

人口減少、婚姻組数減少、ナシ婚の増加、デジタル化の波といった激動の時代だからこそ、横の繋がりやフラットな情報交換、事例共有など、業界が一体となって取り組んでいくことが業界の明るい未来を作ります。

《詳細・お試し参加のお申し込みはこちら》
⇒https://www.funaisoken.co.jp/study/056604

このメルマガの配信を希望
専門サイト
TOPページへ戻る