令和に求められる人財育成法・学習塾業界編

令和に求められる人財育成法・学習塾業界編

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 20代、新卒、アルバイトの3~5年の退職者数を抑えたい学習塾の経営者様
  • 新卒3年目の退職率をゼロに近づけたい学習塾の経営者様
  • 学生アルバイト講師の意欲UP、定着をさせていきたい経営者様
  • 学習塾の校舎内での人間関係にお悩みの経営者様
  • 後輩や若手を育てる学習塾施設長を育てたい経営者様

目次

1、なぜ今、“働きやすさ”が注目されているのか?

2、「ブラックバイト」問題が示唆する、スタッフの求めている職場環境とは?

3、人財面から組織構築を考える<付録> “働きやすい”職場環境チェックシート

4、根本的な職場環境の改革に向けて

5、まとめ~“働きやすい”職場を整えることで組織の成長につなげよう

レポートの内容

人財が定着しない…職場の雰囲気が悪い…社員のマネジメント方法がわからない…
研修を通した幹部育成を考えているが、やり方がわからない…
このようなお悩みございませんか?

このレポートでは、組織を成長させるために重要な人財にフォーカスを当て、
「学習塾で働く社員が何を感じ、日々の業務を行っているのか」
「令和世代に対応する人財育成の考え方とは何か」
というテーマについて解説しております。

学習塾における人財マネジメントにご興味のある方、令和世代の人財育成に必要な考え方を知りたい方必見の
レポートとなっております!

このレポートを読むメリット

既存校舎の業績を伸ばす、新設校舎を軌道にのせる、幹部を育成する等、組織が成長するために人財の育成は欠かせません。

ただ、ここ最近の人財(特に新入社員や若手)に対しては、
これまでと同様のいわゆる昭和型や平成型のマネジメント方法で指導してしまうと全くと言っていいほど通用しません。
それどころかモチベーションの低下や退職意欲の向上につながってしまいます。

令和時代に入り、経営陣も若手社員の育ってきた環境や社会情勢を理解することが求められます。
指導や注意をすると不機嫌になるといった以前のマネジメント方法が通用しないことは、
現場でも感じることが多くなってきたのではないでしょうか?
マネジメントは、社員一人ひとりの特性に合わせて指導方法やアプローチ方法を変化させる時代に突入しています。

そこで、このレポートでは学習塾の経営者様に向けたこれからの人財定着・人財育成を考える上で抑えるべきポイントを詰め込みました!
人財定着・人財育成、そして組織の発展や成長にご関心のある方は是非ご覧ください。

ダウンロード特典

【無料経営相談】

1回60分程度の無料個別経営相談を設定させていただいております。

東京本社・大阪本社ではもちろん、オンライン会議でも行うことができるため、全国どこの場所からでも相談可能です。


無料経営相談をぜひお気軽にお申し込みください。

関連する無料ビジネスレポート
関連するセミナー
TOPページへ戻る