工場AI・ロボット.com

配信頻度:1か月に2回程度

<このような方にお勧めです>
●製造業の中でも、特に中小の製造業様
●産業用ロボットのいろいろな導入事例を学びたい製造業様
●今以上に産業用ロボット化・自動化を進めたいと考えている製造業様
●大量生産・大ロット生産というよりは多品種少量生産の製造業様
●属人的な工程・人手の掛かる工程がある製造業様

<このような情報が得られます>
●多品種少量生産現場での産業用ロボットの導入成功事例
●大手というよりは中小製造業での産業用ロボットの導入成功事例
●溶接ロボット・供給ロボット・組立ロボット等の多種の導入事例
●ロボット化・自動化を現場で推進する為の重点ポイント
●産業用ロボットを有効活用する為の現場でチェックポイント

このメルマガの配信を希望

メールマガジンの例

■工場AI・ロボット.com■
[[https://smart-factory.funaisoken.co.jp/]]

───────────────────────────

株式会社船井総合研究所が運営している工場AI・ロボット.comでは、
日本全国の製造業におけるロボット化事例を掲載しています。
───────────────────────────


《産業用ロボットシステムの導入コスト抑制
(シンプルな位置決めでより安く、より正確に)》

※以下導入事例は一般社団法人 日本ロボット工業会(JARA)
「ロボット導入実証事業:事例紹介ハンドブック2018」より抜粋

~~引用ここから~~

企業情報

業種:金属加工業
従業員数:60名
エリア:愛知県

この事例におけるロボット化によるメリット

人手による作業をそのままロボットに代替えした場合の一番の課題である材料の位相確認や位置決めについて従来のロボットシステムでは3Dビジョンセンサ等が必要になり、ロボットシステム全体の導入費用が高くなってくるが、この事例では上手く部品の流れや自動化対象アイテムの絞り込みを行う事で高価なビジョンセンサ等を不要とし、ロボットシステム全体の導入費用を抑制させている。

~~引用ここまで~~


■課題

非常に多品種を小ロットで製造されており、マシニングセンタへのワークの着脱頻度が高い状況でした。特にマシニングセンタへのワークの脱着に常に人が張り付いている必要があり、加工費削減の為に自動化を検討する必要がありました。ワークの脱着作業自体は単純な作業ですが、自動化した場合は製品の位置検出にて3Dビジョンセンサ等高価な機器が必要でありシステム全体の導入費用が高くなってしまい導入に踏み切る事が出来ませんでした。


■ロボットを導入した工程

マシニングセンタ加工機へのワーク供給排出工程


■ポイント

今回の導入事例では、ワークの着脱を自動化したいが、前工程のワーク整列状態が一定では無いため位置検出をカメラ等で行う必要がありました。しかし、3Dビジョンセンサを用いたシステムでは費用と効果が釣り合わなく、導入費用を抑制すると同時に位置決めの繰り返し制度を高めるパレットシステムによるワーク供給方式を選択しました。人が加工開始前に加工数量分のワークをパレットにセットしておくだけで供給、排出を自動でロボットが行ってくれるので、これまで張り付いていた作業員に手待ち時間が出来、マシニングセンタの加工PRG生成等の付加価値の高い業務を取り込む事が出来ました。
また加工品種変更時の切り替え時間を抑制するロボットハンドが共通でワークの形状見直しや加工対象ワークの絞り込み、生産ロット数の限定(パレットサイズを満たす生産ロット)等の運用面の改善を積み重ねて運用されています。
結果として以下のように投資額を抑制する事が出来ています。


・3Dビジョンセンサを使用したシステム
ロボット 400万円
三次元カメラ 550万円
その他設備費 768万円
システムインテグレーション費 762万円
合計 2480万円

・導入したシステム
ロボット 400万円
三次元カメラ 0万円
その他設備費 628万円
システムインテグレーション費 722万円
合計 1750万円


■コンサルタントの視点

ワークをどのように掴むか、どのように位置決めを行うかというのは、常に難しい課題としてロボット導入障壁になってきます。確かに3Dビジョンセンサ等を活用する事で生まれるメリットは多大ですが、費用面と同時に3Dビジョンセンサを用いたロボットティーチングは難易度が高く、充分なロボット取り扱いスキルを持った人が必要という一面があります。

今回の事例のように生産ロット数や加工タクトなどの特性を把握した上で、自動化対象アイテムやロット数を限定し、効果に見合うロボットシステムを構築する事は非常に大切な事ですね。特に位置決めについては、ハード面でしっかりと精度を担保する事が長期的な生産活動の中でも安定性を高めてくれます。
ハードで対策出来るところは可能な限りハードで行った上で、ビジョンセンサ等のデジタル機器を導入する事が肝要と感じます。
自動化のシステムは費用を掛ければ掛けるほど多機能なモノが出来上がりますが、本当に必要な要素だけを選択し規制概念に捉われる事なく新しいシステムを構築していくスタンスが必要と感じさせる事例でした。


この記事はWEBでもお読みいただけます。
[[https://smart-factory.funaisoken.co.jp/special/200311/]]



■セミナー開催のお知らせ

《多品種少量板金加工業が行う初めてのロボット導入セミナー》

このような方にオススメ
・従業員100名以下の小さな町工場を経営している社長様
・多品種少量生産&一品一様なものづくりをしている社長様
・ロボット化に関心はあるが知識ゼロ&経験ゼロの社長様
・本当にロボット化ができるのか?採算が合うのか?不安に思っている社長様
・初めてのロボット導入で上手な進め方が分からない社長様

▼詳しくは下記より特設ページをご覧ください。
[[https://lpsec.funaisoken.co.jp/smart-factory/057718_lp/]]

----------------------
新型コロナウイルス感染拡大に伴うセミナーのWEB開催について

【2020/4/1(水)以降に開催のセミナー】
ご来場による開催とウェブによる開催の併用を予定しております。
今後の状況によって、WEB開催のみに変更させて頂く場合がございます。

上記をご了承のうえ、お申し込みください。
----------------------



■ダウンロード事例集のご案内

全国の先進的な工場が取り組む「自動化・ロボット化」の事例をご紹介!
町工場にロボット・IoTを導入するための具体的なノウハウをお伝えしています。
▼無料ダウンロードは下記より!
[[https://smart-factory.funaisoken.co.jp/dlc/]]




───────────────────────────

業界の最新情報が集まる業種別経営研究会
全国の意識の高い経営者様と一緒に切磋琢磨しながら成長できます。
[[https://www.funaisoken.co.jp/study/]]

──────────────────────────────

このメールマガジンは、
お客様によるご登録や名刺交換など、
弊社と何らかのご縁をいただいたお客様にお届けしております。

このメルマガの配信を希望
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る