【船井総研】美容室業績UPメルマガ

美容室経営の“成功事例”をレポートするメールマガジン。
船井総合研究所の美容エステチームが日々のコンサルティング現場における成功事例や業界情報を配信いたします。
次世代の美容室作りを目指す方必読のメールマガジンです。

このメルマガの配信を希望
バックナンバー
専門サイト

メールマガジンの例

メールマガジンの例

タイトル:
ホットペッパーで集客を強化するために行うこと

本文:
◇◆◇……………………………………2018.9.10◇◆◇

ホットペッパーで集客を
強化するために行うこと

◇◆◇…………………………………………………◇◆◇

本日は
「美容室のホットペッパービューティー活用」
についてです。

世間では「ホットペッパービューティー予約」
というキーワードが耳にすることが
増えました。皆さんの美容室では
ホットペッパービューティーにおける
取組みは進んでいますでしょうか?

18年も残すところ4か月となりました。
18年を振り返ると、
IT・デジタル化が進んでいるサロンと
そうでないサロンの差が
ぐっと開いたように感じます。

今や美容業界の常識は大きく変わって
きています。脱ポータルサイトを
掲げておられる美容室も増えてきましたが、
ホットペッパーの効果を
最大化できていますでしょうか。

今回は、すぐにホットペッパービューティーを
最大限活用するためのポイントを
2つ紹介したいと思います。


◇━┓--------------------------------------
┃1┃他のお店とのクーポン差別化のポイント
┗━┛--------------------------------------

商材の品質向上や技術の平準化でサービスに
差を付け辛い時代になりました。
ホームページの情報掲載やホットペッパー
ビューティーの情報掲載のみで、
サロンを判断することで、
入口の幅も少なくなっています。

反対に、急速なデジタルシフトにより、
他店と比較するのはホットペッパーの
利用により、非常に容易になってきています。

ホットペッパービューティーでは、
クーポン情報などを比較されることの多い
ポータルサイトです。

多くのお客様は安さを求めていますが、
それが第一優先のように考えるのは
間違いだと考えています。
価格訴求も重要なことのひとつですが、
サロンの見せ方が重要になります。

「クーポンが付いている」から
ホットペッパービューティーを利用する
お客様が多いのは事実です。
美容室の価格競争が多いと考えられるのは、
同じような美容院・サロンの同じような
カットメニューであれば
「価格が安い方がいい」
という事実があるからです。

しかし本当にそうなのか。
お客様の視点はそれだけが
判断基準ではありません。

1・人の悩みは何なのか
2・場所は分かりやすいのか
3・施術時間は明確であるのか
4・仕上がりのカウンセリングは適切なのか
5・サロンの環境は適切に保たれているのか
6・サロンの情報と現場は
マッチングしているのか

などお客様がサロンを選ぶ判断基準は
多くあります。
その何を、どんなターゲットに打ち出すのか?
ということが重要な視点となります。

お客様から見た「美容室の真の価値」を
理解して、それを磨いて、しっかりと
情報発信して広めていく、という行動を
積極的にしくことが重要となります。

例えば、今一番予約の多いメニューや、
現在の流行のスタイルなど、
多くの情報が簡単に手に入る時代となっています。

クーポン名に【今一番の流行メニュー☆】
などを付け足してみることも
テクニックの一つになります。
これを踏まえたクーポン作成を
行ってみてはどうでしょうか。


◇━┓--------------------------------------
┃2┃新規集客の窓口
┗━┛--------------------------------------

ホットペッパービューティーを活用する
うえで、新規の集客はもっとも大事であり、
来てもらわなければサロンの良さを
広めていくこともできません。
同時に再来のお客様を増やしていくのも
サロン運営をする上でとても
重要なことですね。

実は、ホットペッパービューティーの
TOPページを変更するだけで、
新規集客を大きく伸ばすこともできるのです。

今回は、【TOPページ】についてです。
サロン情報を見て頂くためには、
お客様の来ていただくためのキャッチコピーを
掲載することは重要になります。

例えば当たっているキャッチコピーの
キーワードは

・30代の女性客99%以上
・女性の口コミ数500件超
・20代の圧倒的支持

などの具体的な数字も入っていることで
お客様の選定しやすいタイトルが
ポイントになります。

あなたが来てほしいお客様に響くものに
するには、まず「その対象をハッキリ」
させる事が重要になってきます。

また、タイトルなどのみでなく、
お客様に来ていただけるようなサロンの写真を
掲載できていますでしょうか。

5・サロンの環境は適切に保たれているのか
6・サロンの情報と現場は
マッチングしているのか

上記の【1】にも記載しましたが
お客様の悩みをTOPページでしっかり
解決し、不安を解消していくために、
分かりやすい写真を掲載しましょう。

お客様のターゲットにもよりますが、
最近は明るく、内観の写真が多いサロンは
アクセス数が伸びているという
データがあります。タイトルを変更し、
サロンのTOPに行く前に、
どんな情報が掲載されているページから
サロンのTOPページにお客様が入るのか
考えると、答えはブログや口コミの数、
アクセス文章、様々なところに
改善するべきところがあると思います。

今回は2つだけでしたが、
また紹介していきたいと思います!

ホットペッパービューティーで大切なことは、
今の取り組みに対して
「お客様の立場で、これで最大限サロンの
情報を提供できているのか?」
と疑問を持ち続けることです。

以上、
『美容室のホットペッパービューティー活用』
についてお伝えさせていただきました。
まずはぜひ自社と取り組めるところから
実践して頂きたいと思います。

次回もお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆美容室経営ブログ更新中!◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://biyo-funai.com/blog/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆お問い合わせはコチラから◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンのお問合せは、以下までどうぞ
発行元 株式会社船井総合研究所
お問合せフォーム
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/biyo-funai/contact-inquiry.html

このメルマガの配信を希望
バックナンバー
専門サイト