21年下半期国際業務マーケット時流予測

21年下半期国際業務マーケット時流予測

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 国際業務マーケットの最新情勢を知りたい士業の先生方
  • 2021年以降の国際業務マーケットのトレントを知りたい士業の先生方
  • コロナ禍で国際業務の継続に悩んでいる士業の先生方
  • 今後国際業務で目指すべき方向性について悩んでいる士業の先生方

目次

1、国際業務マーケットの現状

2、2021年以降のトレンド予測

3、2021年下半期以降で目指すべき方向性

4、2021年研究会での新しい取り組み

レポートの内容

コロナ禍の中で、国際業務の継続に悩んでいる士業の事務所様が続出しています。

しかし、コロナ禍であっても外国人労働者数は過去最高記録し、中長期的に国際業務が時流トレンドであり続けることは間違いないです。



本レポートでは、国際業務市場の最新情勢と2021年下半期以降のトレンド予測をご紹介いたします。

コロナ禍で国際業務に不安を感じ、何をすべきか分からないという方が参考になる内容かと思いますので、

Withコロナ時代における戦略をご検討いただく一助になれば幸いでございます。

このレポートを読むメリット

・国際業務市場の現状が分かる

・2021年度以降の国際業務のトレンドが分かる

・国際業務において今実施すべきアクションが分かる

ダウンロード特典

【無料経営相談】

1回60分程度の無料個別経営相談を設定させていただいております。

東京本社・大阪本社ではもちろん、オンライン会議でも行うことができるため、全国どこの場所からでも相談可能です。


無料経営相談をぜひお気軽にお申し込みください。

【士業向け国際業務経営研究会】

経営研究会では、貴社の経営、マーケティング、マネジメントを会員企業様、船井総研と共に進めていく機会を提供します。

初回の無料お試し参加を随時受付けております。

また、初めてご参加する方に現在のお悩みを聞きながら、どう研究会を有意義に利用できるか、その他ご不明な点・ご質問にお答え する機会として、すべての参加者様に事前の30分間の個別事前ガイダンスを実施しております。

この機会に、ぜひご参加ください。

>> 経営研究会について詳しくはこちら
TOPページへ戻る