2022年国際業務時流予測レポート

2022年国際業務時流予測レポート

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 国際業務マーケットの最新情勢を知りたい士業の先生方
  • 2022年以降の国際業務マーケットのトレンドを知りたい士業の先生方
  • 国際業務マーケットへの参入時期を悩んでいる方
  • 国際業務に関する具体的な商品設計について知りたい方
  • 国際業務分野におけるマーケティング戦略について知りたい方

目次

1、国際業務マーケットの現状

2、2022年以降の国際業務トレンド予測

3、2022年以降で目指すべき方向性

4、2022年研究会での新しい取り組み

5、2022年以降注目すべき商品

レポートの内容

昨今においては、オミクロン株の出現によって再び入国制限が実施されておりますが、現状を維持する場合、新規入国の緩和が予測されます。国際業務マーケットにおいては、入国規制が緩和される前に戦略を策定し、方向性を決めておくことが非常に重要です。


本レポートでは、国際業務市場の最新情勢と2022年上半期以降のトレンド予測をご紹介いたします。

コロナ禍で何をするべきか分からないという方に、是非参考にしていただきたい内容となっております。

Withコロナ時代における戦略をご検討いただく一助となれば幸甚でございます。

このレポートを読むメリット

・国際業務市場の現状が分かる

・2022年以降の国際業務のトレンドが分かる

・国際業務において今実施すべきアクションが分かる

・国際業務マーケットの具体的なマーケティング手法が分かる

ダウンロード特典

【無料経営相談】

1回60分程度の無料個別経営相談を設定させていただいております。

東京本社・大阪本社ではもちろん、オンライン会議でも行うことができるため、全国どこの場所からでも相談可能です。


無料経営相談をぜひお気軽にお申し込みください。

【士業向け国際業務経営研究会 】

経営研究会では、貴社の経営、マーケティング、マネジメントを会員企業様、船井総研と共に進めていく機会を提供します。

初回の無料お試し参加を随時受付けております。

また、初めてご参加する方に現在のお悩みを聞きながら、どう研究会を有意義に利用できるか、その他ご不明な点・ご質問にお答え する機会として、すべての参加者様に事前の30分間の個別事前ガイダンスを実施しております。

この機会に、ぜひご参加ください。

>> 経営研究会について詳しくはこちら
関連する無料ビジネスレポート
関連するセミナー
TOPページへ戻る