今さら聞けない経営者のためのデジタルシフト ~今月のセミナー特選講演録~

◆開催日時:2020年9月8日(火)

◆講師:船井総合研究所 富澤 幸司

◆演題:「今さら聞けない経営者のためのデジタルシフト」

名刺アプリ&オンライン名刺交換体験

まず、本日は、経営者のためのデジタルシフトというテーマですので、オンライン名刺交換からスタートしたいと思います。

今、皆様の画面に表示されているオンライン名刺のQRコード、あるいは今からお送りするZoomチャットのURL、こちらを開いていただけますでしょうか。

そちらをクリックして、開いていただくと、目の前にあるような画像が出てくるかと思います。


そして、下の名刺を受け取るというボタンをクリックいただきますと、スライドの左にありますような画面で名刺が出てくると思います。

まず、下の①と書かれているところでSansanとかEightのアカウントをお持ちの方は、そのボタン押していただきまして、それ以外の方は、連絡先に追加というボタンを押していただきます。


そうしますと、スマートフォンで開いています方は、その連絡先が登録されるというかたちになります。

よろしければ、そちらが終わりましたら、名刺を繰り返すという上のほうのボタン押していただいて、スライドの右の名刺を送り返すという③ボタンを押していただくと写真を撮るというものが出てきますので、名刺をお手元にお持ちでしたら、写真を撮っていただけますでしょうか。


こちら写真を撮っていただきますと、スライドの右のように、この写真が名刺として認識されましたと出ますので、送信という青いボタンを押していただきます。

すると、名刺が送信できて、オンライン名刺交換完了するというかたちになります。


今エリアによっては、非対面の商談とかになりがちだと思うのですが、その際も、このオンライン名刺を活用することによって、顧客名簿の蓄積ができるということがありますので、オンライン名刺ということもデジタルでチャレンジしていくべきテーマかなと思っております。

本日お伝えしたいこと

本日、三つありましてコロナ禍において、経営者として考えるべきこと、それから中小企業のデジタルシフト成功事例・ツール紹介という会社のデジタルシフト、そして経営者のデジタルシフトということで経営者個人のデジタルシフトについてのおすすめのツールと具体的なポイント、活用のポイントをご説明していきます。

1.コロナ禍において、経営者として考えるべきこと

まず一つ目ですが、この三つについて説明していければと思います。

①コロナはいつ収束するのか?

まず、コロナはいつ収束するのかということでこちらのスライドですが、よくリーマンショックと比較されるということですが、リーマンショックは回復に4年半かかったということでございまして、コロナも恐らくそれに近いぐらいは、あるいは2、3年はそういった状態が続くだろうということで、回復までに時間がかかるだろうということを言われていたりします。


そのぐらいのコロナが続く事態を想定した経営をしていくべきだということで、具体的に何を意識すればいいのかということを次のスライドに記載しております。

②「7割経済」

7割経済というのがキーワードです。


7割経済を端的に申しあげると、客数が7割になるということで、客数7割とした場合に、元の状態に戻すために、こちらの式にありますように1.43倍の生産性を高める必要があるということで、大体1.5倍の生産をあげて元の状態に戻せるということがありますので、そのぐらいの生産性をあげていく必要がある時代だということです。

1 人当たりの粗利をどうやって 1.5 倍にするのか?

では、1.5倍の生産性をどうやってあげていけばいいのかということなのですが、イメージとしては次のスライドでして、粗利を20%増しにして、総労働時間を2割削減すると、この式で1.5倍の生産性が達成できるということでございます。


デジタルによって粗利を2割増しにして、労働時間をスマートに2割削減するということでやっていく必要があるということで、皆様お考えになって今回ご参加いただけたのではないかなと思いますが、そちらについて事例やツールを、このあと説明していきます。

③デジタルシフトの目的

もう一つ考えるべきことということで、デジタルシフトを考えるにあたって、目的が見失われがち、手段であるデジタルシフトが目的になってしまいますということで、ここで三つの目的を確認していければと思います。


一つは、既にでましたが人時生産性の向上ということで、いかに少ない労働時間で最大の粗利を稼ぐかという、先ほどの話です。


あと一つありまして、二つ目が、リアルタイム経営ということで、経営状況の今が一目で分かると、いつどこでも一目で分かると、いつどこでもというぐらいなので、皆さんお持ちのスマホなどで一目で分かるという状態を実現していけると、早めに手を打てるということになります。


手を打つ場合も、データドリブン経営といいまして、ドリブンというのは駆使するという意味ですが、勘や経験ではなくてデータに基づいて経営判断していくということが非常に重要になってくるということでございます。


デジタルシフトによって経営のスピードをあげるという意識が必要だということで、今変化が激しい時代ですから、1カ月後に経営状況が分かるということだと、判断も遅れてしまって、必要な手を打つスピードも遅れてしまうので、安定したシフトで経営のスピードをあげるということも一つの目的として考えていただけるといいのかなということでございます。

デジタシフト何から始めるべきか?

では、何から始めるべきかということなのですが・・・

※ セミナーの講演録と当日使用したテキストをダウンロードいただけます。

TOPページへ戻る