自費リハビリサービス!60日で後遺症を改善

自費リハビリサービス!60日で後遺症を改善

▼このセミナーに関連する無料レポートはこちら▼

60日で後遺症を改善!高収益型リハビリサービス

導入事例数

40社以上

概要

高齢者はもちろん、今30~50代の若年層で脳梗塞が増えています。その数147万人。若くして発症した方は、家族を守るため生活を守るため社会復帰が必要です。しかし現代は社会保障費の削減により十分なリハビリが受けられません。

この、自分が望むリハビリを受けられない方たちは「リハビリ難民」と呼ばれ社会問題となっています。

そのような背景から生まれたのが民間による保険外リハビリです。デイサービスやスポーツジムよりも利用必然性が高く高単価であるため非常に収益性の高いビジネスです。

業界内の脅威

病院入院日数の短縮化が年々進んでいる。一方で、退院後の受け皿となるリハビリ施設は不足している。
特に、病院で受けられるような、理学療法士・作業療法士にマンツーマンで2時間前後のリハビリが受けられる施設は足りていない。

伸びるマーケット

高齢者に加え若年層での脳梗塞患者が増加。
医療分野と介護分野を橋渡しできる、民間型の自費リハビリ事業が企業のチャンスとなる。

成功のポイント

●少ない投資で始めて、事業開始後に大きく育てる

初期投資1,000万以下、オープン3ヵ月以内に黒字化を達成させる


●セラピストの技術に依存しない。再現性の高い施術プログラムで多店舗経営を実現

離職リスクを最小化。人材不足に邪魔されない現場オペレーションを設計


●集客のカギは30~50代ターゲットのマーケティング

競合が少ないウェブ上を押さえることで地域シェアを早期に獲得

期待できる数値効果

株式会社A社(所在地:東京都)

たった5年で21店舗拡大!脳血管障害に特化した自費リハビリ施設で事業展開

・開始5年でリハビリ施設21か所をオープン
・1施設売上は5,000万円
・オープン初月黒字化の勝ちパターンを設計
・人員基準がなく、人件費リスクが低い
・5年間でリハビリ実績が6,000件超
・利用者の7~8割がリピートするストックモデル
・インバウンドも獲得、中国をはじめ海外からの利用者も増加




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

関連する無料ビジネスレポート
関連するビジネスモデル
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る