財務 新型コロナ対策コンサルティング

新型コロナウイルスの影響が、中小企業の資金繰りにまでいよいよ波及してきました。コロナ禍の状況で、中小企業が最優先してやるべきことは、あらゆる手段を講じて、手元資金を増やし、お金の悩みを払拭することです。船井総研では、コロナ禍を乗り越えるための資金調達手段の拡充や危機下における財務戦略策定、コロナ後に誰よりも早く成長軌道にのせるために必要となる財務戦略策定、実行支援コンサルティングを提供させていただきます。

メイン画像

コンサルティングメニュー

危機対応融資利用アドバイザリー

このような方にオススメ

期待される効果

取り組み概要

平時と今回のような非常事態で取るべき財務戦略は大きく異なります。


保証協会や政府系金融機関から提案される制度融資の適切な活用方法や平時に戻った際の出口財務戦略を策定することによって、この危機事象を乗り越えることを可能にし、そして有事から平時に転換した際にいち早く経営を成長軌道に載せることが可能となります。

目標達成までのスケジュール

ステップ1
現状ヒアリング・分析

貴社の財務を分析し、資金繰り状況の把握、資金調達可能額の把握を行い、取るべき財務戦略を策定します。


ステップ2
銀行面談支援

貴社の財務状況に合わせた融資制度、金融機関の選定、銀行交渉時に出すべき情報開示資料の作成を行います。

財務管理体制構築コンサルティング

このような方にオススメ

期待される効果

金融機関目線を付加した事業計画、投資計画を作成し金融機関へ説明することで、平時・有事を問わず企業の資金調達環境が改善されます。

(例)企業の業績・財務が正しく理解されたことにより格付けが上がり、プロパー融資の提案が増えた / 投資を目前に金融機関側からいい提案を持ってくるようになった

取り組み概要

平時と今回のような非常事態で取るべき財務戦略は大きく異なります。


保証協会や政府系金融機関から提案される制度融資の適切な活用方法や平時に戻った際の出口財務戦略を策定することによって、この危機事象を乗り越えることを可能にし、そして有事から平時に転換した際にいち早く経営を成長軌道に載せることが可能となります。

目標達成までのスケジュール

ステップ1
現状ヒアリング・分析

貴社の財務を分析し、資金繰り状況の把握、資金調達可能額の把握を行い、取るべき財務戦略を策定します。


ステップ2
事業計画(P/L、B/S)の策定

分析結果、また金融機関が重要視する指標を織り込み、事業計画を策定します。
また、この計画を使い予算・実績を管理し、そこに乖離のある際は都度軌道修正をかけられる社内の体制を整えていきます。


ステップ3
各種付随資料の作成

投資計画、店舗別P/L、案件管理表等、貴社の事業にあった経営資料を併せて作成していきます。


ステップ4
計画の運用と、社内内製化

計画、付随資料が完成しましたら、金融機関への説明も行います。
また、以後計画の策定、管理を社長、または経理・財務責任者に担っていただき、内製化できる様にサポート致します。