シニア向け空き家活用ビジネス

シニア向け空き家活用ビジネス

空室ばかりの築古物件を即満室化!成長市場で顧客プラットフォームを構築してシニアビジネス参入する最新ビジネスモデル

導入事例数

20社以上

概要

築年数30年以上・駅から徒歩20分以上の、一般客には敬遠されがちな共同住宅を高齢者向けに食事・介護・見守り付きで月10万円程度で生活できる物件に転換するソリューションです。

老人ホームに入りたくても入れない高齢者は年々増加しており、必要なサービスはすべて外部委託することで自社は集客活動のみに注力することも可能です。

入居者を自社顧客とし、稼働率や訪問効率アップを果たしながら収益向上と更なる事業展開を目指すビジネスモデルです。

業界内の脅威

老人ホームは平均でも月額15万円以上の費用がかかり、老人ホームに入りたくても入れない行き場のない高齢者は年々増加している。

業界の動向

低介護度・低所得の高齢者の自宅以外の行き場がない

シニア向け空き家活用ビジネスの具体的な流れ

中古物件を購入・サブリースした上で高齢者を集客、入居付けを行う。

さらに高齢者の住替えなどに伴う派生案件の獲得を狙う

伸びるマーケット

一方で空き家数は全国的に増加しており、行き場のない高齢者をマッチングさせることで稼働率・収益アップを果たすことが可能

成功のポイント

①安定的な物件仕入れ

②サービス事業者との連携

③営業体制の構築

参入条件①初期必要人員数

1名

参入条件②必要投資額

100万円以下

期待できる数値効果

<営業数値モデル>

初期投資額
0~100万円
営業利益率
50~70%
単月黒字
6か月
投資回収
14か月
事業可能な商圏人口
10万人以上

※数値はあくまでもモデルであり成果を約束するものではありません。


<事例>

不動産会社(北海道)
40室空室の元ビジネスホテルを半年で満室化
建築会社(東京都)
専任1名で利回り5%の物件を1,500万円で仕入れ、4,500万円で売却
介護会社(千葉府)
19室の築古アパートを訪問介護事業を同時に立ち上げ1ヵ月で満室化




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様の声
TOPページへ戻る