20円スロット地域一番化モデル

導入事例数

30社以上

組織と事業を構造改革し、会社と従業員の未来を創るためのモデル

概要

まず、採用と定着を安定させ、次世代幹部に会社と店舗の増収増益に直結する業務に専念して頂きます。その上で、2015年以降新しい常識となった「 20円スロット粗利率10%&4円ぱちんこ粗利率15%→店舗粗利率10~12% 」体制で増収増益をめざして頂きます。異業種のびっくり事例も盛り込み、ターゲットユーザーを取りこぼさない業態開発をめざします。20円スロット一番店を作ることで、スロットもぱちんこも両方ユーザーの取り込みもめざします。

業界内の脅威

遊技機のスペックダウン、販促(広告)の全部規制、大手チェーンの寡占化加速

伸びるマーケット

20代・30代人口率が高い地域、地域一番店の20円スロット集客がジャグラー中心の地域。

成功のポイント

(1) 既存業務のIT化を推進。
(2) 利益貢献度が高い休日のライトユーザーを集客。
(3) ターゲットユーザー心理と客観的データに基づいて科学的に機械運用(再現性重視)。

期待できる数値効果

商圏人口7万人以上
スロット台数250台以上、経常利益2億円/年以上、投資回収1~2年