餃子専門店の市場は急成長中!その場で包む機械製造の「実演」と40個1000円の「コスパ」で集客するのがポイントです!

餃子専門店の市場は急成長中!その場で包む機械製造の「実演」と40個1000円の「コスパ」で集客するのがポイントです!

テイクアウト含め3毛作も可能! だから強い餃子専門店ビジネス

導入事例数

15社以上

概要

①餃子を機械で自社製造することで集客コスパを実現
②製造シーンを実演で見せることで競合と差別化
③製造拠点を低予算(500万円~)で立ち上げ、地域商圏内で餃子が主力の様々な業態を展開可能。
「生餃子お持ち帰り専門店」「テイクアウト付き定食業態」に加え、2021年以降急成長しているの「24h無人販売店」まで、立上げから事業拡大までサポート。

業界内の脅威

専門性をつくることで他社と差別化し、さらに機械化・無人化で人手不足にも対応。

伸びるマーケット

日常の食事動機の獲得とテイクアウトニーズの両獲りが可能なビジネスモデルで、ニューノーマル時代の成長市場として注目

成功のポイント

①粗利率の高い「餃子」を自社製造することで集客に必要無コストパフォーマンスをつくる!

②餃子包み機械(ご紹介も可能)を使って製造することでパートさんでも味ブレなく製造可能!店舗運営で職人さんに頼らなくて良い

③機械で製造することで手包みするよりも約5倍の生産性向上を実現!主力商品の味ブレも発生しづらい安定性を生み出せる。

④生産性高く製造した餃子を40個1000円のコスパで販売することで圧倒的集客パワーをつくる!

⑤スーパーの冷凍餃子と違い、その場で「生餃子」を包みたてで製造する様子を実演で見せることで本物感を演出し、差別化!

⑥自社物件や駐車場などを有効活用して5坪のプレハブから始められる!低リスク・ミドルリターン・早期回収のビジネスを作れる!

⑦生餃子お持ち帰り専門店や24h無人販売店は初期投資が低く、フードビジネスなのに人の問題も少ないので、店舗展開をしやすい!

参入条件①初期必要人員数

社員1名

参入条件②必要投資額

【生餃子お持ち帰り専門店】

たった5坪のプレハブ小屋で500万円~立ち上げ可能!


【24h無人販売店】

たった5坪で300万~立ち上げ可能!

期待できる数値効果

商圏人口
5万人あたり1店舗が目安
初期投資額
500万円~1500万 ※狙う物件規模によって変動
管理(運営)のための社員
0.5~1名
運営
パートさんのみで可能
平日1~2名、土日(2~3名)
※売上額によってピークタイム+1名


【生餃子お持ち帰り専門店】初期投資500万円~

PL構造

月商
200~300万
原価率
84~126万(42%)
人件費率
50~60万(20%)
賃料
10万~20万(5%ほど)

→償却前営業利益 30~80万円(15~27%)


【24h餃子無人販売店】初期投資300万円~

PL構造

月商
100万
原価率
45万(45%)
人件費率
1万(1%)集金・補充・清掃など
賃料
10万~20万(10%~20%)

→償却前営業利益 20~30万円(20~30%)




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る