餃子無人販売専門店展開で年商1億

餃子無人販売専門店展開で年商1億

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • アフターコロナを見据えたフードビジネスを探している経営者さま必読の内容です。
  • フード市場の中でも、コロナ前、そしてコロナ禍を経てさらに成長している市場を探している経営者さまにおすすめです。
  • 採用、人手不足、人材マネジメントにお困りの会社でも始めやすいビジネスモデルです。
  • 成長市場である中食のマーケットを捉えたビジネスモデルを構築していきたい会社さまにおすすめのビジネスモデルです。
  • 地域密着で、大手企業やナショナルブランドと棲み分けていくことができるビジネスモデルです。

目次

1、成功事例

2、餃子市場の時流解説

3、無人餃子販売店ビジネスモデル

4、事業立ち上げスケジュール

5、船井総研のワンストップサポート

レポートの内容

もともと馴染みがあり、市場規模も大きく、老若男女、幅広い年齢層×利用シーンで利用されてきた餃子ですが、実はコロナ前から市場が成長しており、さらにこのコロナ禍を経て市場はさらに成長しています。胃袋産業とも言われるフード市場の中でも珍しい成長マーケットにおいて、無人販売という切り口でどのように事業モデルを構築していくか?を解説しております。

このレポートを読むメリット

アフターコロナのフードビジネス経営に必要な視点や、なぜ餃子市場が成長しているのか、今後はどうなのか?そしてどのように大手やナショナルブランドとも差別化し、事業成長を続けていくことができるか?まで、餃子ビジネス専門のコンサルによる解説を読むことができます。

お客様の声・実績

■ 餃子機械製造メーカーが半年で7店舗展開!

<コロナ前>  元々餃子製造機械の製造販売から、市内で餃子レストランを複数展開していたが、コロナの流行によって店内飲食分の売上が減少。お持ち帰り需要に対応した業態の開発を決める。 <コロナ禍> 事業再構築補助金の採択され、市内で多店舗展開をすることで早期にドミナント出店体制を確立しようとしている。同社における売上貢献比率を高め、さらにコロナ禍でもCKの稼働率を高めて生産性をアップしている。



■ 繁華街で酒場運営企業が現在4店舗展開

<コロナ前>  駅前繁華街商圏で酒場業態を複数展開していたが、コロナ流行に伴い売上は一気に減少。営業できない日も続いたことで、コロナ禍に対応する業態の開発を決意。 <コロナ禍> コロナ禍でもニーズがあまり減少しなかった郊外ロードサイドにおけるファミリーの食事需要を中食分野において取り込むためにお惣菜の中で市場の大きい餃子を選択。無人スタイルで店舗展開を開始。ツキのある市場に事業を再構築した。



■ 温浴施設運営企業が複数店舗展開

<コロナ前>  郊外で温浴施設や一部駅前商圏で飲食店を経営していたが、コロナの流行によって収益が悪化。今後の人手不足にも対応した業態の開発プロジェクトをスタート。 <コロナ禍> 自社施設の駐車場にて、プレハブ小屋を活用した無人餃子販売店の展開を開始。さらに、餃子の自動販売機も活用しつつ、自社遊休地以外でも新規に物件開発をして、多店舗展開を急速に進めている。


ダウンロード特典

【無料経営相談】

1回60分程度の無料個別経営相談を設定させていただいております。

東京本社・大阪本社ではもちろん、オンライン会議でも行うことができるため、全国どこの場所からでも相談可能です。


無料経営相談をぜひお気軽にお申し込みください。

関連する無料ビジネスレポート
関連するセミナー
TOPページへ戻る