餃子経営で事業化【2022年最新版】

餃子経営で事業化【2022年最新版】

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 第2本業として、これから餃子事業を立ち上げようと真剣に検討されている経営者さま。
  • すでに餃子ビジネスをスタートしているものの、これからの事業の成長方法の悩んでいる経営者さま。
  • すでに餃子事業をスタートしており、今後さらに事業成長を加速していくために必要なポイントを知りたい経営者さま。
  • ニューノーマル時代に対応したフードビジネスの経営のポイントを押さえたい経営者さま。
  • 船井総研が事業立ち上げ~事業展開において、どのようなサポートをしているかを知りたい経営者さま。

目次

1、餃子市場動向

2、各種餃子専門店

3、餃子事業 成長MAP

4、事業立ち上げ計画

5、船井総研サポート

レポートの内容

実はコロナ以前から、長期に渡って成長市場である「餃子」市場。2020・21年では多くの参入プレイヤーが入り、ライフサイクルは本格的な成長期に突入。そして、同時に他社とのマーケティング的な差別化、ビジネス構造的な差別化、、様々な切り口での差別化が必要となってきました。本レポートでは、餃子事業で持続的成長をしていくために必要な考え方や具体的な業態を学ぶことができます。

このレポートを読むメリット

・餃子ビジネスの効率的な事業成長のステップが分かります。

・外部環境の影響の受けにくい、安定した餃子事業の作り方について学ぶことができます。

・24時間無人販売店、実演機能付き有人販売店、餃子の食事業態、餃子の居酒屋業態など、餃子を切り口にした様々な業態のポイントを学ぶことができます。

・通販、卸しなど、さらに販売チャネルを増やしていくメリットを学ぶことができます。

お客様の声・実績

■ 【東海地方】餃子で多角化経営を実現

東海地方で餃子の無人販売店を6店舗(2021年末時点)、餃子の食堂業態を2店舗、餃子のお持ち帰り専門店を1店舗、餃子の居酒屋業態を1店舗、さらに通販や卸しなども展開し、安定的な事業成長を実現。2022年は無人店舗の展開加速と、食堂業態の展開加速を進めるとともに、通販や卸しもさらに強化するなど、ますますの事業成長中。



■ 【東北地方】遊休地を活用して最小の投資で実演付き有人販売店をOPEN

団体観光受け入れがメインの事業構造がコロナ禍で打撃を受け、最小限の投資で餃子製造工程の実演機能付きの餃子お持ち帰り専門店をOPEN。さらに事業再構築補助金を活用して無人店舗を複数店舗展開予定。



■ 【四国地方】餃子の無人販売店を複数展開

繁華街で酒場の展開が中心だった会社が、郊外ロードサイドにて、コロナ禍などの有事の際にも根強いニーズがある「ファミリーの食事需要」を中食分野で捉える「餃子の無人販売店」を4店舗OPEN。今後の売上動向にも注目しながら、さらにセントラルキッチンを拡張し、店舗展開加速を検討中。


ダウンロード特典

【無料経営相談】

1回60分程度の無料個別経営相談を設定させていただいております。

東京本社・大阪本社ではもちろん、オンライン会議でも行うことができるため、全国どこの場所からでも相談可能です。


無料経営相談をぜひお気軽にお申し込みください。

【経営研究会】

経営研究会では、貴社の経営、マーケティング、マネジメントを会員企業様、船井総研と共に進めていく機会を提供します。

初回の無料お試し参加を随時受付けております。

また、初めてご参加する方に現在のお悩みを聞きながら、どう研究会を有意義に利用できるか、その他ご不明な点・ご質問にお答え する機会として、すべての参加者様に事前の30分間の個別事前ガイダンスを実施しております。

この機会に、ぜひご参加ください。

>> 経営研究会について詳しくはこちら
関連する無料ビジネスレポート
関連するセミナー
TOPページへ戻る