不動産売却ビジネス~不動産仲介会社向け業績アップコンサルティング~

不動産売却ビジネス~不動産仲介会社向け業績アップコンサルティング~

1拠点年間媒介取得数120件を目指す

導入事例数

50社以上

概要

不動産会社が苦戦している媒介取得の強化を行うソーリューションです。一括査定ポータルサイトからの受託率向上、媒介取得強化を図る受託手法の仕組み化を実践します。

媒介取得強化3年以内にまず1拠点120件以上の媒介取得を目指します。また、不動産営業の生産性2,400万円以上達成するための生産性アップも実現可能です。

業界の動向

不動産仲介会社は増える一方で今やコンビニより多くの店舗があると言われているが、反対に新築着工棟数は減少し、メーカーの直販売開始もあり従来の新築物件での反響獲得はより熾烈になっている。

媒介取得を強化しないと安定した集客数の確保が難しくなっている。

不動産売却専門店ビジネスがうまくいく理由

不動産売却ビジネスは、エンドユーザーから物件の売却依頼を受けて反響獲得していくビジネスモデルである。競争の激しい新築物件とは違い、自社のみが広告活動を行うことができるユニーク物件の数を増やしていくことで、必然的に他社と反響の取り合いをすることなく安定した集客が実現できる。また売却依頼される物件は中古になるためリフォームとのシナジーも期待できる。

不動産売却専門店ビジネスがうまくいく理由

①一括査定サイトを中心に売却の反響を獲得する

②営業ツールやトーク内容を整備し、訪問査定件数、受託件数を伸ばしていく

③受託した物件をポータルに掲載し反響獲得する

④獲得した反響に対してリフォーム搭載を行い単価アップを図る

成功のポイント

1.媒介取得を強化できる。

一括査定ポータルサイトからの受託率向上ノウハウを共有し営業未経験でも安定的な媒介取得を実現する。


2.受託した物件の効率的な値こなし交渉ができる。

受託した物件の値こなし方法のノウハウを共有し安定的・効率的に成約を生み出す。


3.集客数の向上

ポータルサイト掲載で気をつけるべきことのノウハウを共有し安定的な集客を実現する。


4.仕組み化された営業手法

買いの営業でも、抑えるべきポイントやトークを仕組み化し未経験・若手でも成約できる仕組みを作る。

期待できる数値効果

商圏人口10万人

初期投資額
250万円(不動産・売却専門店の看板・売買専門サイト作成費用)
初年度
営業社員3名、事務スタッフ1名 計4名
粗利7,200万円、営業利益1,000万円
2年目
営業社員4名、事務スタッフ1名 計5名
粗利9,600万円、営業利益2,400万円
3年目
営業社員6名、事務スタッフ1名 計7名
粗利15,000万円、営業利益3,600万円

成功事例

・神戸不動産リアルティ株式会社様

・株式会社平和地建様

・株式会社 後楽不動産様

・株式会社 セントラル建物様

・あららぎ不動産株式会社様

・株式会社エコプラン様

・株式会社 アイーナホーム様




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
TOPページへ戻る