賃貸不動産仲介管理ビジネスの黄金律

配信頻度:隔週木曜日

地域一番の賃貸仲介・管理会社を目指す経営者様向けの無料メールマガジンです。全国500社以上の地域一番店クラスの賃貸管理会社様とお付き合いする中で得た最新の成功事例や時流のポイントを解説しております。賃貸仲介件数アップ・管理拡大・リフォーム事例・オーナー営業・マンスリー事業・業務効率化・非対面接客・不動産テックなど業績アップの原理原則から具体的提案まで様々な情報発信を行っております。セミナーの先行案内や無料小冊子の配布もあります。ぜひお気軽にご登録ください。

このメルマガの配信を希望

メールマガジンの例

賃貸不動産仲介管理ビジネスの黄金律
■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□

本日は、新型コロナの影響で「新たに発生した賃貸需要」についてご紹介します。

4月7日、新型コロナウイルス感染症対策として政府は東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都道府県に緊急事態宣言を発令しました。

対象地域以外でも、独自の緊急事態宣言を発令する動きが見られています。

そのような影響を受け、「通勤リスクを減らすため、短期で部屋を借りたい」という個人客からの問い合わせや「社員の感染対策の一環として部屋を借りたい」といった法人からの短期賃貸需要の反響が全国各地で増えています。

実際、大阪の会社様では大手電鉄会社からのまとめ借りの問い合わせがあり、埼玉の会社様では家具付き賃貸で1~3月に300件近くの反響を獲得されているそうです。
コロナの影響を受け、新たに賃貸物件を短期で利用したいお客様や、家具・家電付の物件を求めていらっしゃるのです。

一方、船井総研が独自に行った調査によると、
賃貸最大手ポータルサイトSUUMO に掲載されている物件の中で、家具・家電付き賃貸の比率は低く、2020年3月時点で東京都23 区のSUUMO物件掲載数全59.6 万物件のうち10.96%しかないというデータがあります。

市場に僅かしかない家具家電付賃貸やマンスリー物件は、
有事の際に地域に必要とされる「新たな貸し方」でもあるのです。

地域に根付き、必要とされる不動産会社になるためには、・・・・

続きはこちら>>>
https://fhrc.funaisoken.co.jp/toushi/column/column03/12584.html

このメルマガの配信を希望