企業法務研究会 10月度例会開催レポート

企業法務研究会

「こうなりたい!」と思っている経営者様におすすめ

  • 企業法務分野への参入をしたい弁護士の先生方
  • 顧問先をもっと増やしたい弁護士の先生方
  • 風評被害・誹謗中傷の新市場に関心のある弁護士の先生方
  • 経営者のペインとゲインを把握したい弁護士の先生方

目次

1、風評被害対策の市場概況と 顧問弁護士サービスとしての可能性

2、企業・経営者のペインを解決し続け、ゲインに繋げる

3、法律事務所経営研究会のご紹介

4、企業・経営者のペインを解決し続け、ゲインに繋げる

レポートの内容

全国約100の法律事務所が参加する「企業法務研究会」2021年10月度例会のテキストを一部抜粋してレポート化しています。今回は、風評被害・誹謗中傷対策に取り組むべき理由からマーケティング効率化まで、プロモーション戦略全体像について実践事例を交えて解説いただきました。本レポートでは業種別のニーズやマーケティング戦略、今後求められる顧問弁護士像について纏めさせていただいています。

このレポートを読むメリット

1.「企業経営の潮流」を把握し貢献ポイントを見出す

企業に働きかけるタイミングは事案の有無・法改正のタイミングだけではない。企業経営における潮流をキャッチアップし、サービスを開発し提案することが重要。


2.「SDGs」と「風評被害」という潮流が新市場に

企業の価値向上に繋がるSDGsと価値損失に繋がる風評被害は企業の大きな関心事。弁護士がどのように関わり、企業価値を高められるかを理解する機会に。


3.「経営理解」×「サービス」が2022年の顧問業務の鍵

プロモーション整備(WEB・セミナー・チャネル)⇒ テーマ特化・業種特化という流れ。顧問獲得・維持・単価向上・紹介発生するうえでは「サービス策定」が必須

ダウンロード特典

【無料経営相談】

1回60分程度の無料個別経営相談を設定させていただいております。

東京本社・大阪本社ではもちろん、オンライン会議でも行うことができるため、全国どこの場所からでも相談可能です。


無料経営相談をぜひお気軽にお申し込みください。

関連する無料ビジネスレポート
関連するセミナー
TOPページへ戻る