在宅医療強化型医院ソリューション

在宅医療強化型医院ソリューション

地域の在宅医療難民を救済し、医院経営も安定させる

導入事例数

10院以上

概要

「人生最期の10年を自宅で過ごしたい」高齢者の願いを叶える在宅医療は、ニーズが高いにも関わらず、普及率が低いエリアが多数あります。地域医療を支える医院自らが在宅医療に取り組めば、地域全体の高齢者医療への意識が変わります。立ち上げのための体制づくり、地域連携、集患のためのマーケティングを行うことで、スタッフに負担の少ない運営と収入増を目指します。

業界内の脅威

在宅支援診療所は減少傾向。報酬改定、24時間対応、多職種連携の困難さ等が影響。

伸びるマーケット

普及率は地域差が大きく30%未満の地域も存在。在宅医療の充実を求めるニーズが高まる。

成功のポイント

●地域の需要に応じた集客を行う

市場、競合、自院を分析することで地域に必要な医療・介護資源を提供


●医師は診療へ集中!

多職種間で、重症度別対応を行う、

みなし訪問看護・クラーク育成により、医師か診療に集中できる体制を作る


●医院から会社組織へ

多店舗展開や事業継承含めた幹部育成を行う

期待できる数値効果

<導入事例>

■関東エリア:A医院

2km県内の居宅患者比率が50%超、小商圏で45分寄り添い診療を強みとする地域密着型医院

(スタッフ構成:医師1名、社会福祉士1名、クラーク1名)

→2年間で月間レセプトが225%増/毎月コンスタントに3名の患者紹介を受けている。


■九州エリア:B医院

施設在宅中心から、施設×居宅のバランス経営へシフト

(スタッフ構成:医師1名、看護師2名、薬剤師兼ケアマネ1名、医療事務2名) 

→1年間で月間レセプトが117%増

TOPページへ戻る