人財不足に悩む事務所でも多くの測量件数をこなす 高生産性ワンマン測量×分業制ソリューション

導入事例数

15社以上

超人材不足時代でも勝ち残る
高生産性ワンマン測量×分業制モデル

概要

土地家屋調査士業界の資格者がこない、いない、採れない時代でも既存従業員を有効活用し、採用の成果に関わらず測量件数をこなせる事務所に生まれ変わります。測量を2人から1人で行うワンマン測量を導入し、無資格者を活用した分業制を導入することで、測量件数を最大化させると同時に残業時間も削減できるので、売上アップかつ利益率の向上が可能です。

業界内の脅威

超人財難で求人を出しても、採用できない為、常に人手不足で残業が蔓延している

伸びるマーケット

器械の性能が向上しており、ワンマン測量を導入している事務所が急増中

成功のポイント

(1) 最先端の測量器械を導入しワンマン測量に「専業化」させ、2倍の案件数を処理できる体制を築く

(2) 業務マニュアルを作成し、初心者でもできる仕組みを作り、資格者しかできない業務(測量)に注力させ、それ以外の業務は分業する

(3) ワンマン測量と分業制で測量件数を最大化させ、安定的に測量件数をこなせる規模感で「差別化」する

期待できる数値効果

導入後3カ月
時間当たり生産性:1.4倍
測量件数:1.7倍

投資額:350万円~400万円(リース契約月額:6万円前後)