データドリブン経営を実現する 飲食店向けBIツール構築コンサルティング【中小企業デジタル化企業応援隊事業 対応】

飲食企業向け!Web採用戦略マップの作成

  



第Ⅱ期中小企業デジタル化応援隊事業事務局からの発表により、
9月16日(木)0 時頃より、本事業が一時停止されています。
再開時期はおよそ1か月後とされています。

>>詳細はこちら
>>事業の停止に関する問い合わせはこちら

それに伴い、
当社でも事業再開までの期間につきましては
「中小企業デジタル化応援隊を用いたコンサルティング」の新規受付を中断させていただきます。

10月13日更新:受付再開しました。

ご相談はこちらから承っております。




こちらのソリューション(商品)は「第Ⅱ期 中小企業デジタル化応援隊事業」の対象です

事務局がデジタル化支援の一部費用負担を補助する制度で、

支援を受ける企業は通常よりも費用負担が少なく、支援を受けることができます。

詳しくは中小企業デジタル化応援隊事業特設ページをご覧ください。




概要

店舗の数値管理を紙ではなく、BIツールを使ってデジタルで行える時代になりました。
日々の業務の中で、数値を管理することに苦労されている方も多いかと思います。
様々な外的要因によって目まぐるしく変化する昨今の状況。
売上に対して、原価や人件費がいくらかかり、どれだけの利益が残っているのか。
先の見えない状況が続く中、細かに数値を確認し、適切な意思決定を行うことが求められます。
BIツールを導入することで、日々の数値管理の簡略化、可視化、高速化につながり、一つ上の店舗管理体制を実現します。

このような方にオススメ

●店舗の数値管理を「素早く」「正確に」出したい方
●毎回の会議資料作成に充てている時間を、他の業務のために使いたい方
●勘と経験ではなく、データや数値に基づいた経営を行いたい方

BIツールとは?

■BIツールとは、ビジネスインテリジェンスツール(Business Inteligence Tool)を略した言葉です。日頃、経営を継続する中で観測される様々なデータを、収集・蓄積・分析・加工することで経営における意思決定のカギを導き出します。

■度重なる外的要因の変化により、営業面における業績悪化、コスト面における経費増大など様々な課題を乗り越えて、持続的な経営を実現しなければなりません。より高速に数値を管理することで、スピーディーな経営判断を実現します。

企業課題と解決イメージ

【課題】

店舗の数値管理を簡略化したい。
正確にわかりやすい数値を会議で確認できるようにしたい。

【解決】

BIツールの導入より、店舗の数値管理を日次で行うことが出来る仕組みの構築が出来る。

期待される効果

①、日々の売上・原価・利益などの数値管理を行うことで、従業員の数値意識の向上
②、人時生産性の向上や発注量予測への応用
③、毎月の集計や会議資料作成にかかる工数の削減

アウトプットイメージ

アウトプット①:現状把握
ヒアリングを行い、店舗での数値管理の確認を行うとともに、活用している既存のレジなどシステムの現状分析を行います。

アウトプット②:システム要件定義
現状の数値管理の方法から、より効率的かつ経営改善に活かすことができる数値管理の方法への
改善案をご提示させていただきます。
実際のBIツールの画面を元に、議論をさせていただきます。

アウトプット③:グループウェアディレクション支援
BIツールの導入にあたって、必要とされている項目の導入に向けてのすり合わせを行います。
導入後の運用方法もお伝えします。

コンサルティング料金

350,625円(税込)

※中小企業デジタル化応援隊事業を用いた場合、53,125円(税込)(原則2か月)で受けられます

コンサルティングの流れ

貴社の状況に合わせて、意識すべき数値、意識していきいたいとお考えの数値をKPIとして設定し、 貴社で活用していただくための形式のツール作成をご提案させていただきます。 数値を意識し、業績を上げることを目的としたデジタル化を実現します。


ステップ1

現状ヒアリング


ステップ2

システム要件定義


ステップ3

グループウェアディレクション

ビジネスレポート無料ダウンロード
ぱちんこ企業特化Web集客研修
データドリブン経営を実現する!飲食店向けBIツール構築ガイドブック このような方におすすめ
●店舗の数値管理を「素早く」「正確に」出したい方
●毎回の会議資料作成に充てている時間を、他の業務のために使いたい方
●勘と経験ではなく、データや数値に基づいた経営を行いたい方
目次
  • 1.BIツールとは
  • 2.なぜBIツールが飲食店で必要なのか
  • 3.BIツールの導入によって可能になること
  • 4.船井総研ができること
ダウンロード



こちらのソリューション(商品)は「第Ⅱ期 中小企業デジタル化応援隊事業」の対象です

事務局がデジタル化支援の一部費用負担を補助する制度で、

支援を受ける企業は通常よりも費用負担が少なく、支援を受けることができます。

詳しくは中小企業デジタル化応援隊事業特設ページをご覧ください。





船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

関連する無料ビジネスレポート
関連するビジネスモデル
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る