障がい者の自立を支援するビジネスモデル|就労準備型放課後等デイサービスで社会性と収益性を追求

障がい者の自立を支援するビジネスモデル|就労準備型放課後等デイサービスで社会性と収益性を追求

▼このセミナーに関連する無料レポートはこちら▼

障がいを持った中学生・高校生の就職のための能力開発を支援

導入事例数

20社以上

概要

企業の法定雇用率が上がり、就労する障がい者は増加していますが、一方で仕事内容や職場になじめず短期で辞める方も増えています。就労支援型放課後等デイサービスは障がい特性のある中学生・高校生を対象に、就職に向けた能力開発を行うことを目的としています。企業で働くためのパソコン等のスキル、対人スキル、業務の実践訓練等を行い、障がい者の自立を支援します。

業界内の脅威

福祉関連事業者は法律改定に対応していかなくてはいけない。

伸びるマーケット

将来の就労に向けた中高生への就労支援ニーズは高いが取り組んでいる事業所は少ない。

安定した収益化を目指すために

●一般企業での就労に必要とされるスキルをプログラム化する

ビジネスマナー、パソコン操作、軽作業や事務等の実践トレーニング等


●障がい者が無理なく就労準備ができるステップを組み立てる

健康管理→日常生活管理→対人スキル→作業スキル→適性職業別スキル


●指導職員のスキルアップ

授業に向けて資料を作成し、模擬授業などで練習を行って支援スキルを高める

期待できる数値効果

<営業数値モデル>

商圏人口:15万人

人員配置:正社員3名、パート3~4名

利用定員 :10名

サービス :就労に繋がる実践型プログラム

収益性  :年間売上3,000万円、営業利益1,000万円、営業利益率33%

単月黒字化:6か月以内

初期投資+ランニングコスト:1,000~1,500万円

※数値はあくまでもモデルであり、成果を約束するものではありません。




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

関連する無料ビジネスレポート
関連するビジネスモデル
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る