社会性、収益性がともに高い、就労継続支援B型(障がい者就労)ビジネス

社会性、収益性がともに高い、就労継続支援B型(障がい者就労)ビジネス

一般企業でも参入可能、障がい者就労支援で社会性&収益性を実現

導入事例数

10社以上

概要

「就労継続支援B型」は障がい者に生産活動を行う場を提供する事業です。

障がい者はここで働くことで生産活動に関する知識・能力、工賃を得ることができます。事業者には国から報酬として給付金が支給され、事業収入となります。障がい者に働く喜びを与え、自立を支援しながら、収益も得られるという、社会性、収益性がともに高い事業です。

業界内の脅威

福祉関連事業者は法律改定に対応していかなくてはいけない。

伸びるマーケット

就労継続支援B型の利用者は6年前と比較し約1.6倍に増加、今後も増加する見込み。

成功のポイント

●生産品の選択

高い工賃を支払える事業者は人気が高く、安定して利用者を確保できる。高付加価値・高単価の製品を生産できるのが理想的。

期待できる数値効果

<営業数値モデル>

商圏人口:15万人

利用定員:20名

人員配置:3名~


年間売上:6,000万円

営業利益:2,400万円

営業利益率:20%

初期投資&ランニングコスト:1,000~1,500万円

単月黒字化:6か月以内

※数値はあくまでもモデルであり、成果を約束するものではありません。


<株式会社A社の事例>

事業内容:ペットとして人気が集まる高単価メダカ等の養殖・販売

2016年より事業開始


障がい者の利用者:20名

一般就労実績:4名

売上:年間6,000万円

営業利益:2,400万円




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

関連する無料ビジネスレポート
関連するビジネスモデル
関連するお客様からの声
TOPページへ戻る