皮膚科経営|保険診療を効率化する方法

皮膚科経営|保険診療を効率化する方法

1人3分/1時間に20人を診察する方法

導入事例数

30社以上

概要

皮膚科開業医向け、保険診療の効率化ソリューションです。

スタッフさんの協力を得ながら、1時間あたりの診察人数を増やしていくことで、医師の負担を軽減しながら多くの患者様を診る体制が実現したり、患者様の待ち時間やスタッフさんの残業時間を減らす効果も期待できます。

保険診察の患者様が多くなってきて、患者満足度を維持しながら早く診療を回せないな悩んでいる先生方にはお勧めのソリューションです。

業界の動向

2020年末時点で、約7,000名の皮膚科専門医が存在し、全国に約15,000軒の皮膚科標榜医院があります。皮膚科クリニック市場を鳥瞰すると全国的に需要過多の傾向が強く、一般的には開業して1年目で50名程度の患者数が、2~3年目で100人前後まで増える皮膚科が多い中、開業から2~3年で1日150人や200人以上の患者が来院する皮膚科も多く存在します。

皮膚科の場合は診療単価が669点(※平成30年度の各厚生局データより)と他科目に比べて低く、患者数を多く診ないと医業収入が伸長しない収益構造になっています。そのため、いかに1日あたりの診察人数を増やすかが重要となります。その際に、一つの目安は「1時間あたりの診療人数」が重要となります。

保険診療効率化がうまくいく理由

前述では医療収入の視点から効率化の必要性について論じましたが、診療現場発信で診療効率化の緊急性が高まる要因は、「患者の待ち時間対策」や「残業時間増によるスタッフ離職」がトリガーとなるケースも多いのが実態です。

その場合に、診療効率化の必要性に追い込まれてから効率化を真剣に考え始めるものの、効率化と患者満足度のジレンマに悩み、またスタッフへの分業に抵抗感もありながら、いざ既存スタッフに任せてみると上手く回らず、新規採用しても上手く機能せず、効率化が進まないまま繁忙期に突入するという悪循環に陥る皮膚科も少なくありません。

そこで、効率化を進めるにあたり部屋数確保や人員確保、分業体制を機能させるためのツール整備などの必要な部分にお金と時間と労力を投資しながら、体制を上手く構築・運営できるスタッフの採用と育成を同時に進めていくことが重要となります。

具体的な流れ

①効率化に付いて来られる人材を採用する

②効率化するイメージを全員で共有する

③効率化に必要なツールを作成する

④現場主導で、効率化会議を開催し、改善点を洗い出していく

⑤部屋・人員・医師の採用を進める

成功のポイント

①院長がスタッフさんに業務と権限を委譲することを決意する
②主軸スタッフと効率化イメージを握り合わせる
③前問診、入力、簡易説明を事務さんに任せる
④処置、患者説明を看護師さんに任せる
⑤電子カルテや会計システムやインカムなど、効率化ITシステムを導入する

参入条件:初期必要人員数

1診察室に①看護師1名と事務1名体制か、②看護師1名体制の医院が多いです。

期待できる数値効果

残業時間の短縮
1時間あたり診察人数:15人未満→20~25人




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

無料オンライン経営相談
船井総研のコンサルティングとは
関連する無料ビジネスレポート
関連するお客様の声
TOPページへ戻る