蓄電池販売地域一番化ソリューション

蓄電池販売地域一番化ソリューション

導入事例数

82社

概要

住宅用太陽光発電の固定買取価格が終了し、発電システムの販売単価も低下している今、新たな収益の柱として期待されるのが家庭用蓄電池の販売です。

多くの会社が「蓄電池は消費者にメリットを訴求しにくく売りにくい」と考えている今、他社に先駆けて営業体制を確立し、積極的なセールスを行うことでシェアを拡大し、地域一番店を目指します。

業界内の脅威

住宅用太陽光発電システムの販売単価は年々減少、2019年~2024年で30%減となる見込み。

伸びるマーケット

住宅用太陽光発電の固定買取価格制度が順次終了する2019年以降は家庭用蓄電池のニーズが急速に高まる。

成功のポイント

●未経験者を売れる営業マンに変える教育体制 

専任化したうえで、ロールプレイングを行う営業マン合宿、実際の商談事例から成約率の高い営業手法を学ぶ


●お客様が蓄電池を欲しくなる商品メリットの訴求

お客様が納得して購入できる、商品説明ツールと営業トークマニュアルを用意する


●顧客の開拓と育成

新規客の獲得、OB顧客の掘り起こし、見込み客の育成を継続的に行う

期待できる数値効果

<収支モデル> 

初年度:5人で100台販売/売上2億2,000万円 営業利益 2,640万円

2年目:8人で180台販売/売上4億5,000万円 営業利益 5,400万円

※数値はあくまでもモデルであり、成果を約束するものではありません。


<導入企業A社実績> 

初年度:8人で年間158台販売、売上3億9,500万円、営業利益4,740万円

2年目:11人で年間242台販売、売上6億500万円、営業利益7,260万円

3年目:15人で年間407台販売、売上10億1,750万円、営業利益1億2,210万円




船井総研では、業界・業種別、及び、テーマ別に
実効的なコンサルティングをご提供して、
経営課題の解決を実現します。

関連する無料ビジネスレポート
TOPページへ戻る