ウィズコロナで注目!!新規事業・検討セミナー ~今月のセミナー特選講演録~

◆開催日時:2020年7月10日(金)

◆講師:船井総合研究所 吉田 創

◆演題:「ウィズコロナで注目!!新規事業・検討セミナー」

【第1講座】10mウィズコロナ時代に生き残る事業とは?⇒今後は「事業ポートフォリオ」を意識しよう!!

では、早速第1講座です。

ウィズコロナ時代に生き残る事業とは?ポイントは、事業ポートフォリオです。

第1講座でお伝えすること

こちらご説明させていただきます。

まず今までの経営の当たり前をいったん忘れて、ウィズコロナ時代のリスク回避手法を学び、新しい新規事業との付き合い方を学んでいただきたいなと思います。

これまでの経営の常識が通用しなくなってきた

コロナの影響というのは、いろいろな業界で起こっていますが、今までの経営の常識というのは通用しなくなってきたなというところを強く感じます。


いわゆるスタンダードといわれていた考え方でいくと、事業というのはあまり広げてはならない、既存事業1本の方がいいのだということだったり、事業拠点は1拠点集中の方が利益率があがる、事業を通じて確立した一つの勝ちパターンというのを展開するかたちで稼いでいくといった考え方が基本だったと思います。


ただ経営戦略の部分でいくと、中核事業はしっかり持ちながら、事業を複数展開していくだとか、拠点を分散するだとか、オンライン化を推進していくだとか、ビジネスモデルの勝ちパターンというのを一つだけに依存するのではなく、複数のパターンをとっていくというところを前提に考えるべきだと思うのです。

ただこれからの経営戦略という部分は、今までも語られていた部分なのです。
事業を複数展開するというのも一つの方法だったのですが、ポイントとしていいたいのは、中小企業様においてもこういった視点を考える時代になってきたという部分です。

“事業ポートフォリオ”を意識しよう

ポートフォリオという言葉が急に出てきましたので、簡単に解説をします。

もともとは「折カバン」「書類入れ」みたいな意味合いを持つ言葉なのですが、よくこの言葉を用いられるのが、投資の部分です。


「ポートフォリオを組む」といった言葉を言ったりするのですが、例えば、ある国の国債や株式だったり、海外の株式だとかを組み合わせて持つという言葉です。

こういうふうに分散させて投資対象を持っていくことを「ポートフォリオを組む」と金融の世界では言われています。


今回、船井総研が言うポートフォリオというのは、いわゆる事業ポートフォリオです。

つまりいろいろな事業を持つことで、会社の持続的成長を実現するということです。


そのために必要な組み合わせを考えましょうということで、事業ポートフォリオを組むというのは、持続的に成長できるかたちの会社になるための事業を設計しましょうというような内容です。


そのための視点としてこちらに挙げたのが、収益モデル、対象顧客、顧客ニーズ、展開地域、販売手段といった五つの視点で、ポートフォリオ組みを考えていきましょうということです。

どこかに偏っているビジネスモデルはリスクがありますということをお伝えしたいです。

事業ポートフォリオのイメージ

例えば、赤く四角で囲んでいる部分がありますが、それぞれ分かれているのです。


例えば、輸入車ディーラーさんは、どっちのモデルかでいうと、収益モデルとしてのメインはフロー、つまり車を売るというところが収益です。
対象の顧客というのは、限られた方で、それなりに所得に余裕がある、お客様ニーズとしては、車を買うというのは日常的ではないので特別的なニーズ、展開する場所も良い場所で良い室外をした建物で売っている、販売としては対面なので、オフラインということです。

なので、黄色の部分が抑えられているようなビジネスモデルということです。

続いて、高級旅館というところも同様なかたちだと思います。
旅館というのは来てもらわないといけませんし、売り切りのモデルで、ストック型のモデルではなく、フロー型のモデルです。お客様も絞られていますし、良い建物で、当然オフライン対応です。

次に、コンビニにいきます。
コンビニも、物を売るというフロー型のビジネスです。ただお客様は幅広い方を対象としていますし、日常的なビジネスモデルだとか、賃料としてそんなに高いところに出すというわけではない、提供手段としては対面なのでオフラインです。

つまり1~5の部分で、この事業しかやっていない方というのは、黄色の部分をマスと捉えると、全部で10マスあるうちの、5マスを抑えられている状態になるということです。

ここの1~5の視点で、収益から販売手段の中で、片方しか抑えられない、つまり5マスしか埋められないようなビジネスモデルを展開している会社は、経営リスクが高まりがちですということをお伝えさせていただきたいと思います。

事例:コロナによる業績影響

実際に事例として起こったことをご説明しますと、コロナによる業績影響という部分で、外食企業の例です。


A店とB店というのがあります。コロナの前の月商でいうと、A店は800万円、B店は600万円で、A店のほうが繁盛店でした。

しかし、コロナの影響によりA店は売上が400万円に半減したのに、B店はむしろ、コロナの影響で売上が増えています。


なぜなのかというとこですが・・・

※ セミナーの講演録と当日使用したテキストをダウンロードいただけます。

TOPページへ戻る