リスク管理型予防歯科

導入事例数

100社以上

健康意識の高まりに対応した、デンタルIQ向上モデル!!予防強化型医院の院内マーケティングを再構築し生産性を向上

概要

スポーツジムやパーソナルトレーニングといった健康ビジネスの発展が示すよう、健康志向が高まっている市場に合わせた院内マーケティングモデルです。
一般歯科で予防型を目指す歯科医院にマッチし、予防メンテナンス促進と自費率向上を叶えるためのカウンセリング手法の発展系と位置付けられます。院内の職種でいうところのDAである無資格者や管理栄養士や保育士の生産性向上と産休育休対策として余剰はあるが稼働効率と生産性を高めるソリューションとしてユニット4台以上の外来診療中心で経営する歯科医院をど真ん中とするビジネスモデルです。

業界内の脅威

予防型歯科医院というブランドでは差別化できない歯科業界になっている。
予防メンテナンスという一般論では患者固定化がしにくくなっている。

伸びるマーケット

保険制度が予防は保険外と明確に線を引き始めた。施設基準「か強診」の認定を受けて然るべき処置を患者の理解のもと進められるか。

成功のポイント

(1) 常勤DHを複数名雇用している体制を創り、スキルと知識の常時アップデートを行う。(地域一番の採用力)

(2) 来院患者に対して、一般論と患者固有の情報を両方とも発信できるカウンセリング体制と説得力のある検査メニューを確立する。(リスク管理検査導入)

(3) 患者が自らの健康に対して興味関心を示すよう促し、治療選択の検討基準や価値観を確実に伝えられる体制創り。(検査フィードバックやカウンセリング実施)

期待できる数値効果

診療商圏人口 10万人
初期投資   100万
※ 検査機材(唾液検査、口臭検査、位相差顕微鏡等)
スタッフ数 歯科医師1名 衛生士3名 受付1名
収支 ユニットあたり
初年度 売上2,000万 営業利益 1,500万
2年目 売上2,300万 営業利益 1,750万
3年目 売上2,600万 営業利益 2,000万