保育業界働き方改革ソリューション

働き方改革推進により、保育・教育の質を向上する

導入事例数

6法人以上

概要

保育現場の働き方改革を実現するソリューションです。

現場業務の棚卸・分析を行い、ICTによる効率化、業務分担や慣習的な業務自体の見直し等、現場職員を巻き込んで実施します。それにより、残業時間を削減し、本来の目的である保育・教育の質向上のための時間を生み出していきます。同時に、職場環境改善による職員の定着率の改善も期待されます。

業界内の脅威

全国的な保育士不足と離職率の高まり。離職理由の上位が業務量や労働時間の過多。

伸びるマーケット

保育業界にも働き方改革の波。保育業界向けのシステムも登場し、業務効率化が時流に。

成功のポイント

保育園・こども園が働き方改革を行う上で重要なポイント

1. デジタル化による抜本的な事務作業の見直し

2. 現在の業務内容・職務分掌の見直し

3. 現場職員への理解の浸透とフォロー体制

期待できる数値効果

<導入事例>

法人Eの場合:関東圏で保育園3園を展開


働き方改革実施1年後の成果

・事務作業時間 50%削減

・残業時間 月30時間削減(1園あたり)

(人件費換算で 1ヵ月100万円のコスト削減効果)

・離職率:19% →4.8%に改善